瞑想のコツと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。決定的な一感は億の理論に勝る!

集中力

雑念があっても瞑想状態に入り込むコツ 覚醒瞑想体験記ブログ5

empty-heart-1308957
瞑想がどんどん覚醒状態に入り込むためのコツ

瞑想に深く入り込むコツを感覚としてつかめれば、瞑想が完全な覚醒状態に入っていけます

雑念が皆無になること、無の境地に達するほど集中して瞑想ができれば、それは理想的だ

だが、それは瞑想をやっていた人がその境地に達しただけの話で、最初からそれを求めても難しい


瞑想で挫折しやすい人

しかし、瞑想をやる人は結構完璧主義な人が多く、瞑想になにかすごい超越した効果を求めてしまいます

だから、瞑想は難しい、自分には合わないとなる

瞑想に深く入り込むためには雑念が邪魔だとわかっているだけに、雑念を排除する方向に動いてしまいます


いや雑念があってもいいんです

むしろあって当然で、その中でやるのが瞑想というものです

その認識を間違ってしまうと、せっかくの瞑想の効果が味わえないばかりか、時間だけが過ぎていってしまいます



集中力も必要ない、あとから集中力がどんどん研ぎ澄まされる

もしも瞑想が異常な集中力が必要だと思っていたら、それも間違いです

瞑想をやっている中で、集中力が研ぎ澄まされればOKで、最初から集中力を求めては駄目

雑念との戦いに入り、集中できない自分が駄目だという判断に繋がります



雑念があっても無問題、集中できなくても構わない、その中で瞑想をやればいいだけ

もっと楽に、心地よくやればいいんです



瞑想に深く入り込んでいくためには、気持ちよさに浸っていればいい

大丈夫です、雑念があっても実は瞑想に深く入り込めるものです

心地よさ、極上のまろやかなリラックス感、劇的な快感などが出てきたら、あとはもう瞑想は求めないでやっていれば勝手に深まっていくし、自分の意識が深い瞑想状態に入り込んでいきます

前にブログでかいたように、

瞑想のコツ! 瞑想でもっと快感を味わってもいい 感じることを制限するな、すべてを解放しよう

瞑想を雑念排除の修行にしてはもったいない

もっと感じて楽しんで浸っていればいい

気持ちいいから瞑想はうまくいく

雑念なんてかまっていたら、集中力が欠如した気持ちよくない自分になるだけです



覚醒瞑想の効果の凄さ

そういう考え方で瞑想をやってくると、脳の深い部位が覚醒していき、様々な感覚と実感が襲ってきます

気持ちいい、快感を味わいながら、同時に哲学的な深い考えに至ったり


雑念という考えを排除する考えじゃ、そこまで至りません

それが瞑想に深く入り込むコツです

 

マインドフルネス、瞑想の効果と瞑想の魔境や危険性について

マインドフルネス、瞑想の効果効能と魔境と危険性について

瞑想やマインドフルネスの効果、効能


瞑想やマインドフルネスには、様々な効能があり、世界的大企業(グーグル、ゴールドマン・サックス、フェイスブック、アップルなど)が取り入れてます

  • ストレス軽減
  • 集中力の向上
  • 記憶力の向上
  • 意思決定力の向上
  • 発想力の向上
  • 感情のコントロール
  • 精神性の向上
  • 悩みの軽減
  • 鬱病予防と鬱病からの回復
まあ自己啓発と能力開発とメンタルヘルスの分野で大きな効果が望めるというわけです

瞑想の魔境と瞑想の危険性について


しかし、いくら鬱病に効果があると言っても、鬱病が悪化してしまう人が多いのも事実です

それは瞑想の魔境と呼ばれる状態に入ってしまうからですね

鬱病という苦しみに理性や客観性というフィルターを掛けられず、ダイレクトに向き合ってしまって魔境に取り込まれてしまう

しかしストレス軽減程度でマインドフルネスや瞑想を活用する分には全く問題ないです

心の抑圧された感情がひどい人ほど、瞑想の魔境に取り込まれやすいので、そこは注意しましょう

また前回のブログで、瞑想やマインドフルネスの弊害について書いていますので、ご覧くださいまし

マインドフルネスで言われている効果効能


なぜ大企業はマインドフルネスに目をつけ、社員たちにやらせようとしているのでしょうか?

それは仕事にプラスになるからだと考えているからです

じゃあ、どのような効果がマインドフルネスにあるのか?

マインドフルネスをしてうまくいった実感を持てた人の脳内には、脳のネットワークが活性化されているため、決断力、発想力、記憶力が飛躍的に向上します(あくまで理想論を書いてます!)


仕事の能率、パフォーマンスがそれによりあがり、さらにストレスが軽減され、不安や怒りや落ち込みといった感情もコントロールできるようになるため、すぐ気持ちを切り替えて仕事に邁進できるわけです

もっと言うと、五感がフル活用されるため、普段の精神状態では思いもつかないようなアイデアが閃いたり、苦境を脱出できる脳に生まれ変わらせることが出来るわけです

本当にいいことづくめだ!

まあ、理想通りにいけばですが・・・・

なぜマインドフルネスでアイデアが溢れ出てくるのか?


アイデアが閃いたり、インスピレーションの神様が降りてくる時、脳内ではどんなことがおきているのか?

アイデアはいきなり無から生まれるものではなく、その意図の過去からの様々な体験、知識、見識、感情や記憶が複雑に絡まり合って、インスピレーションの形で生まれます

マインドフルネスをやることで、過去からの流れが瞬間的につなぎ合わさるため、発想力があがったり、閃いたりします

こうやってマインドフルネスや瞑想の理想を上げればいくらでも書くことができます

ただ現実と理想のギャップだけは私たちは認識していなくてはいけないと思います

私も理想の瞑想の効果を知り、とても喜び勇んで瞑想をしたことがありますが、とてもじゃないですが理想はやっぱり理想です

理想論にすぎないと痛感しました

私の修行不足と言われたらそれまでですが、実は瞑想やマインドフルネス指導者の先生たちも私よりもマシですが、どっこいどっこいの効果しか得られていないようです

ただ一つ瞑想の理想を誰よりも人に説くことが出来るから、そこが先生と言われる由縁です

瞑想やマインドフルネスには大きな期待をかけるだけの価値があるのかどうか、ご自身で一生懸命取り組んで答えを出して下さい


恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 
RSS
  • ライブドアブログ