瞑想のコツと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。決定的な一感は億の理論に勝る!

覚醒瞑想

岩波英知先生の覚醒瞑想、脳覚醒プログラムを紹介しているブログを集めました

photo-1513542789411-b6a5d4f31634
覚醒瞑想脳覚醒プログラムの体験談、紹介をしているブログを集めました


様々な職業の方がブログで岩波先生の瞑想や脳を覚醒させるプログラムについて書いています
そちらを紹介したいと思います


京都のお坊さん 寺島サンガさんのブログ

神秘・魅惑の瞑想トランスへようこそ


医師のシュウさんの瞑想ブログ

超瞑想体験の劇的効果を体験した医師の脳覚醒ブログ


経営者のbigbossさんの瞑想やインド放浪記の体験記

プレミアセラピー回想記 瞑想状態(脳覚醒状態、トランス状態)のすごさと効果


瞑想に興味を持ち、瞑想に裏切られてきたBrainsanのブログ

瞑想を覚醒させる魔法 最強瞑想法は日本にあり



元アスリートで精神世界に興味を持ってきた清新さんの体験談や覚醒方法のブログ

ゾーンとフロー状態への入り方! 精神世界とスピリチュアルの極致への入り方を教えます!



IT企業経営者のシウンさんの脳と心と経営力のブログ

脳覚醒と会話の格闘術で脳力開発! 経営者の人間力向上奮闘記

他にありましたら続々と更新していきたいと思います。


また岩波先生のプログラム体験談がこちらからも読めます

脳覚醒プログラムを受けた方の声

覚醒瞑想を受けた方の体験談の声


eichi_iwanami_book(obinashi)
岩波英知著作 奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学
岩波先生の本です(アマゾンなどで購入可能)

瞑想を深めるコツ 観照の仕方 何を考える? どうすれば効果が上がる?

photo-1508788397430-55907b348ba8
瞑想を覚醒させられる条件とは

瞑想にはコツがあります

しかしうまくやるためのコツを考えてしまうと、それは瞑想がうまくいかない原因になってしまうことを知っておいてください

瞑想が覚醒していくには、自分が観照者である必要があります

決して自分で自分を瞑想覚醒状態に追い込んでいくことではありません

ただあるがままを受け入れてください

そして現在の自分の状況をぼんやり集中した状態で感じてください

呼吸法の重要性とそのコツ

その間は呼吸法をやるのがいいでしょう

呼吸法にも意味を求めては駄目です

呼吸法は瞑想を深くしていく非常に重要な行為ですが、普段意識して呼吸をしていないように、呼吸法においても、過度な期待と意識を持たせては駄目です

普通の呼吸法よりは、深く吸って、数より長めに吐くことを心がけてください

呼吸一つで瞑想がうまくいくのかの未来がわかる

瞑想が上手く行っている時は、呼吸法の質でわかります。

そして、自分の精神状態も、あるがままに受け入れられています

慌てていませんし、ただ感じて、観照できます

瞑想が覚醒していく状態

そうすると、たかが瞑想、たかが呼吸法なのに、エネルギーが上昇して自分の中に渦巻いてくるのがわかるようになります

しかし、エネルギーが上昇してすごさを感じつつも、あなたは逆にもっと静寂の中に浸れます

うまくいくと、自分自身の肉体も消失した体感に陥ったりします(けっして期待しないように)

世界も静かに感じます

深い静かな空間の中から、この世界すべてを、宇宙すべてをひたすら観照してください

その中でも、静かながら非常にダイナミックなエネルギーも感じているはずです
(岩波先生の覚醒瞑想を受けた人ならば実感できていると思います)

ただし、そこで更に自分で深めてやろうと思わないことです

観照者としてだけでいいです

浸ること、感じることだけです

何もせずに、観照者として存在するだけの簡単な仕事です

ただ自分自身とともにあればいい

自分は自分であるように、あるがままに存在するように

自分の中に起こっている神秘的な奇跡的な体験を静かに慌てず鑑賞するだけ


観照者として徹する、他には何もいらない

これが瞑想を深めるコツであり、瞑想から最大限の効果を得るためのコツです

瞑想中何を考えるかというと、考えてもいいですし、考えないようにしようとしても考えてしまうのが人間なので、とにかく観照者であることは外さないでください

観照を続けられた人に瞑想の覚醒がいきなり訪れます

でも、そうだとしても、それすら観照を続けてください

変に理性を使ったり、よく見てやろうと身を乗り出すこともありません

もちろん恐怖感を感じる必要もありません

瞑想のコツ、というかエッセンスをここから感じ取ってくだされば幸いです

流れに乗るだけでいい、もっと簡単に瞑想の解釈を変えると、逆にもっとうまくいきます

観照者として頑張ってください

brain-1787622_960_720


覚醒瞑想:世界最強の誘導瞑想法の紹介と体験談5

ps_20565_15
覚醒瞑想は、世界最強の瞑想法です

誘導式の施術者に身を任せて行う瞑想法でもあります



覚醒瞑想のすごいところは、一瞬で瞑想指導者の体感する瞑想状態を超越してしまうことです

そして誰でもそうなれます

誰でもなれますが、トランス呼吸法をやり込むと、もっとすごい瞑想状態を味わえ、人生を一変させることができるようになります



威力と効果の面ではどの瞑想法も足元に及びません

波打ち際でキャッキャッと水遊びをする幼児と、深海1万メートルに行く潜水艇の差ぐらい、瞑想の深さと効果に差があります

私の知る限り、覚醒瞑想で誘導された人が、これまで経験した瞑想状態を下回ることはなかったです

私自身もそうです

比べるのもおこがましいほどの差があります

それだけ威力があるため、迫力がありダイナミックで、瞑想の常識が根底から覆えるでしょう


誘導瞑想といっても、催眠誘導的なものとはレベルが違います

文字通り最強の瞑想状態に誘導してくれます

一瞬で、ほぼ努力することなく身を任せるだけで行きます



もし100日、瞑想合宿に参加したとしたら、そこで味わえた瞑想の深さと効果を、覚醒瞑想の誘導なら、1日で超えるでしょう

大げさに書いてはいません

そうなるのです



残念ながら、いくら瞑想をやっても、脳は瞑想状態をなかなか思い出してはくれません

だから、ある地点で、瞑想が堂々巡りを起こしてしまいます

しかし、覚醒瞑想で得られた脳は、とんでもない瞑想状態を一生覚えているため、いつでも呼吸法で引っ張り出して活用することができます

呼吸法をやることで、勝手に脳が作動してくれます(このコツは追い求めるのではなく期待せず待つだけでいい)



世界で一人しか、この覚醒瞑想を誘導できる人はいませんが、世界で断トツで最高の瞑想状態を味わいたければ、そして自分でも瞑想を極めたいと思われるのであれば、絶対的におすすめできます

瞑想をやった人で、覚醒瞑想誘導で無感動で終わった人はいないでしょう

世界が一変します

人間の、ご自身の脳の可能性が存分に味わえます


瞑想のコツ! 瞑想でもっと快感を味わってもいい 感じることを制限するな、すべてを解放しよう

sparks-1-1056423
瞑想の仕方とコツ

色々難しく考えてしまいますが、瞑想に関してはすべて単純化して考えて下さい

単純で素直で簡単に捉えると、瞑想はうまくいくようになります



瞑想というと座禅を思い浮かべる人が多いと思いますが、何やら難しく感じます

しかし、もっと楽に考えてやってください

難しくするのは自分の頭です

瞑想そのものはとても簡単で単純です


考えるのではなく感じる…これが鉄則でしょう

感じて感じて感じる、そこに解釈も判断も要りません

その先に快感があります

快感といっても性的な意味ではなく(おそらく最後は一緒になるでしょう)、気持ちよさが高まった状態です



誰もが瞑想をやれば気持ちよくなれるはずなのに、瞑想で快感を味わうことへの罪悪感、防衛本能が働き、感じることを止めてしまいます

これは無意識の抵抗です

瞑想は雑念を受け流せるようになったら、次は無意識がしてくる抵抗と戦うことになります

しかし、快感をどんどん味わってもいい、そんな自分を許してみて下さい

これも受け入れることと同じです

快感は人間にとって必要な感覚です

理性人間は快感を味わう脳が退化しているため、いざ瞑想をやろうとしても、浸りきれないわけです

そんな制限してしまう自分を、突き放して捨てて下さい、ある意味殺してみて下さい!



感じることはいいことだと思いこんで下さい

気持ちよさがあったら、気持ちよさをひたすら味わうだけです

考えることもなく感じるだけ

別の種類の心地よさが生まれてきた、その心地よさに全身全霊で浸ってみる

戻ってこれるから心配する必要はありません



徹底的に行くところまでいってもいいと覚悟を決めて下さい

そうすると、逆に体がストンと根幹の部分から緩んできます

そこでさらに深い瞑想状態が到来してきます

脳が快楽系の神経伝達物質を放出し、もっとすごい次元の快感に包み込まれます

ここでも無意識の抵抗が発生しますが、それも解放し、さらに感じて下さい

おそらくは無意識が筋肉をピクッピクッと動かしてくるでしょうが、そのまま受け流しつつ、気持ちよさだけ感じて下さい

逆にピクッピクッと来たら、もっと緩む反応だと思って下さい(そこで我に返る必要はありません)

私はそういう自己暗示をかけたら、無意識の抵抗による筋肉反応や不安感が起きても、「いい方向に反応している証拠、これがあるからもっと深く入っていく」を思い込めば、実際に深くはいけます




この次元の深い瞑想状態になっていると、自己暗示もできるようになり、自己コントロールも可能になっているので、あとはひたすら感じて感じて感じるだけです

もっと深く行こうとすると未知の領域なだけに、また無意識の抵抗が起きますが、どうせ戻ってこれるので、そんな心配や反応に付き合うことはありません

この頃にはとてつもなく快感が脳から全身から支配します

極上の質の高い快感です

それは快感物質が脳からほとばしり出ているのだから、まさに快感のスパーク状態です




瞑想とはもっと楽にやるもので、苦行ではありません

そして気持ちよくなっていいものです

幸せを存分に味わって下さい

必ず自分の人生に大きな栄養分となるでしょう




理想の瞑想状態と脳覚醒 ゾーンに入った脳と精神状態とはどんなものか


yogameditation
瞑想状態には様々な次元の深さがあります

瞑想状態が高まると、脳が覚醒していきます

脳のもっと深い次元でスイッチが入り、今まで使ったことがない脳が作動していくのを感じます

私は今まで脳を使って生きてきたと思ったけれど、全然使っていなかったことがはっきりわかりました

脳をフルに使っていたと思っていた部分は、実は脳の表面にしか過ぎなかったことを、初めて脳が覚醒状態に入った時(瞑想状態に深く入った時)に思い知ることになりました


そして、脳が非常に自由であり、あるがままでした

まるで子供の脳のように

常識にとらわれず、自分の過去にも引っ張られず、現状を憂えず、将来への不安もない、無でありながら、すべてのことに感覚が開かれている状態でした

まったく大人の作り上げた様々なしがらみや条件に縛られていない、まさに解放感と心地よさとふつふつと無尽蔵に湧き上がるモティベーションに包まれていました



このゾーンに入ったかのような状態に私は驚きとともに涙を流すほど感動したことがあります

自分の足りなさもはっきりわかりながらも、それを素直に受け入れている自分がいる

完全に自分をすべて受け入れられているからこそ、未来に向かって羽ばたいていけるモティベーションに包まれていました

私の過去抑圧してきたものもこの時に抜け出ていってくれました

本当に楽ですが、気抜けする楽ではなく、すべてがリセットされて新世界に歩んでいくまっさらな気持ちでした


様々な瞑想状態の理想形、脳が覚醒するポイントがあると思うけれど、これは一種の私にとっても悟りでもありました

ここまでの状態へと脳にスイッチを入れてくれた岩波英知先生のスゴワザにひたすら感謝です

瞑想を黙々と続けていても決して届くことはなかった意識に入りました

もやもやが続いていて脳が退化していると感じている人は、ぜひ岩波英知先生のスゴワザに圧倒されてみてください

まったく自分が脳を使って生きてこなかったこと、あるいは脳を使っていてもほんの一部分しか酷使しておらず、本当にもったいないことをしているなと感じるはずです

瞑想は気づくこと

気づかなければ瞑想の意味はありません

瞑想を低次元で使い続けないでください

瞑想の可能性は無限です

しかし、そこらに転がっている瞑想、座禅、ヨガ、マインドフルネスの手法には限界があります

それも浅い次元で終わる限界です


脳が覚醒していく突き抜けた体感をしない人は不幸です

とんでもない損をしていることにも気づくでしょう

瞑想にも脳にも実はとんでもないものが眠っているのです
最新記事
  • ライブドアブログ