attend-1786091_960_720

瞑想やマインドフルネスをやる意味がない状態

瞑想の目的は深いトランス状態、変性意識状態に入り、人間の心を支配している無意識(我々の日常意識ではコントロール不可)を大きくいい方向に変えていくものです

だからただ瞑想や座禅やマインドフルネスをやればいいわけではなく、必ずトランス状態、変性意識状態に入らなければやる意味がない!!

そこまで言い切ってしまうのは、やっぱり瞑想はただの手段にすぎないため、瞑想をやることを目的にしてはいけないと思っているから

瞑想やマインドフルネスはうつ病に効果的だとかストレス軽減になるとか能力開発の面でいいと言われていますが、ただやれば願望が実現されるとは思わないで下さい

願望実現がなるかどうかは、まず深いトランス、あるいは変性意識状態に入らなければ全く効果が現れないと思っていい!

瞑想、マインドフルネスは無意識、潜在意識が制御できるトランス状態が鍵


なぜトランス状態に入らなければならないかというと、無意識が浮上してこないから

普段から無意識は表層意識の奥の奥の奥にある

そしてその領域は皆さんがご存知のように9割以上あると言われてます

無意識で起こるすべてのことは意識の力では御しきれません

しかし、無意識を攻略しなければ、よりよく生きられない(なんせ意識の領域の狭さと可能性はあまりに小さいのだから)

だから、その困難なミッションに立ち向かうために古来から受け継がれてきたのが瞑想そのもの

座禅やアメリカで開発されたマインドフルネスも同じ

瞑想は感覚の世界に身をおくことが使命です

瞑想を理屈で捉えてもなんにも意味がなくて、自分自身の体感を通して得られた感覚が唯一の答えになります

無意識はとらえどころがないですが、感覚的にはつかめます

その最たるものが悟りだ

悟った人間は(どんな悟りでもいいですが)揺るがない自信と信念を得られる

人間はそれ一つで大きなことを成し遂げられる!

脳も勝手に進化してくれて、能力開発なんて簡単にできていきます

無意識から心が落ち着くから、ストレス軽減なんてお手の物

うつ病だって無意識の原因が突き止められるから治っていくわけで、勝手に脳機能も回復していきます

瞑想を目的にしてはいけない。あくまで手段で使いこなすことが大事


結局、瞑想やマインドフルネスをやるってことは、深いトランスを味わい無意識の世界に深く深く入り込まないといけないってことで、それがない瞑想には意味は殆ど無いともっていいと思います

私も瞑想をやっても少ししか変性意識を味わえずに苦労してきたから、ずいぶん無駄なことをしてきたなと思う

岩波先生の覚醒瞑想誘導技術を受けるまで、本当の瞑想状態がどれほどの可能性にあふれているか感覚としてわからなかった

ただ瞑想状態に入ったらいいことが起きると思っていただけだった

潜在意識とか無意識が開発されたり癒やされたら、大きな効果が望めると思っていた

しかし、現実は甘くない!

瞑想をやるからには、やったからには、何が何でも深いトランス状態を味合わなければ意味がない!

はっきりいって、私の岩波先生に出会うまでの瞑想の歴史は無駄だった

瞑想をやってトランスに入れない人は、まだ温泉に入ってのんびりしていたほうがどれだけストレスが軽減されるかわからない

猫や犬で癒やされていたほうがマシだ