瞑想のコツと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の岩波先生の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。決定的な一感は億の理論に勝る!

快感

瞑想のコツ! 瞑想でもっと快感を味わってもいい 感じることを制限するな、すべてを解放しよう

sparks-1-1056423
瞑想の仕方とコツ

色々難しく考えてしまいますが、瞑想に関してはすべて単純化して考えて下さい

単純で素直で簡単に捉えると、瞑想はうまくいくようになります



瞑想というと座禅を思い浮かべる人が多いと思いますが、何やら難しく感じます

しかし、もっと楽に考えてやってください

難しくするのは自分の頭です

瞑想そのものはとても簡単で単純です


考えるのではなく感じる…これが鉄則でしょう

感じて感じて感じる、そこに解釈も判断も要りません

その先に快感があります

快感といっても性的な意味ではなく(おそらく最後は一緒になるでしょう)、気持ちよさが高まった状態です



誰もが瞑想をやれば気持ちよくなれるはずなのに、瞑想で快感を味わうことへの罪悪感、防衛本能が働き、感じることを止めてしまいます

これは無意識の抵抗です

瞑想は雑念を受け流せるようになったら、次は無意識がしてくる抵抗と戦うことになります

しかし、快感をどんどん味わってもいい、そんな自分を許してみて下さい

これも受け入れることと同じです

快感は人間にとって必要な感覚です

理性人間は快感を味わう脳が退化しているため、いざ瞑想をやろうとしても、浸りきれないわけです

そんな制限してしまう自分を、突き放して捨てて下さい、ある意味殺してみて下さい!



感じることはいいことだと思いこんで下さい

気持ちよさがあったら、気持ちよさをひたすら味わうだけです

考えることもなく感じるだけ

別の種類の心地よさが生まれてきた、その心地よさに全身全霊で浸ってみる

戻ってこれるから心配する必要はありません



徹底的に行くところまでいってもいいと覚悟を決めて下さい

そうすると、逆に体がストンと根幹の部分から緩んできます

そこでさらに深い瞑想状態が到来してきます

脳が快楽系の神経伝達物質を放出し、もっとすごい次元の快感に包み込まれます

ここでも無意識の抵抗が発生しますが、それも解放し、さらに感じて下さい

おそらくは無意識が筋肉をピクッピクッと動かしてくるでしょうが、そのまま受け流しつつ、気持ちよさだけ感じて下さい

逆にピクッピクッと来たら、もっと緩む反応だと思って下さい(そこで我に返る必要はありません)

私はそういう自己暗示をかけたら、無意識の抵抗による筋肉反応や不安感が起きても、「いい方向に反応している証拠、これがあるからもっと深く入っていく」を思い込めば、実際に深くはいけます




この次元の深い瞑想状態になっていると、自己暗示もできるようになり、自己コントロールも可能になっているので、あとはひたすら感じて感じて感じるだけです

もっと深く行こうとすると未知の領域なだけに、また無意識の抵抗が起きますが、どうせ戻ってこれるので、そんな心配や反応に付き合うことはありません

この頃にはとてつもなく快感が脳から全身から支配します

極上の質の高い快感です

それは快感物質が脳からほとばしり出ているのだから、まさに快感のスパーク状態です




瞑想とはもっと楽にやるもので、苦行ではありません

そして気持ちよくなっていいものです

幸せを存分に味わって下さい

必ず自分の人生に大きな栄養分となるでしょう




瞑想のコツ 心地よさ、快感をひたすら味わう。妨げるリミッターを外そう

yin-2730344_960_720


岩波先生に誘導された脳覚醒状態を知っている人は、快感に近い気持ちよさがとにかくすごかったと思うでしょう

快感といっても生命的な快感ですが、中には射精の快感に近い感覚になる人もいるみたいです

実際に出ているわけではないでしょうが、それぐらい突き抜けた快感になります



快感と書くと、とてもいけないような、求めてはいけないような感じがします

瞑想は苦行であり、気持ちよさを追求してはいけないという強迫観念を持っていないでしょうか?

私は持っていました

とにかく集中して瞑想をやることで、心の扉が開かれる感じを持っていましたが、実際の瞑想とは、現在は気持ちよくなっていいものだと認識を改めています

気持ちよくなっていいですし、快感を追い求めて下さい

快! の気持ちになっている時、人間は理性が非常に制限されて、感覚で快感を拾おうとします

それが一番理想的な瞑想状態だと私は思います



変に苦行者のように振る舞って、気持ちよさも味わえないのなら、何のために瞑想をやっているのかわからなくなります

もっと気楽に、とにかくフワーッと気持ちよくなるだけでいいぐらいの気持ちで望んで下さい

私もそう気持ちを切り替えて、トランス呼吸法や自分で瞑想をやると、気持ちよさを遥かに超えた圧倒される心地よさに浸れるようになっていきました

逆にその時のほうが、すごく集中力が増し、感覚が研ぎ澄まされています



もしも自分が気持ちよくなってはいけない、リラックスしてはいけないというリミッターが出てきたら、それを外して下さい

意識では外せないかもしれませんが、「いまリミッターが効いているな」とわかるだけでも違います

おそらくリミッターが効いている時、体がぴくっと固くなっていくかもしれませんが、それを何度も繰り返しつつ、脱力をして下さい

もしも脱力できないなら、一度思い切り全身に力を込めて、解放させてみて下さい

リミッターが少しずつ外れやすくなると思います



体が柔らかい方がいいので、お風呂や温泉や岩盤浴などで体を緩めた後にストレッチをしてから、瞑想や呼吸法をやるといいでしょう

そしてひたすら快感、気持ちよさ、心地よさだけを味わって下さい

気持ちよくなっていいんだと自分に言い聞かせて下さい



瞑想が脳覚醒状態と言われる別次元に深い状態になった時、とんでもなく気持ちよくエクスタシーすら感じています(人にもよりますし、タイミングにもよります)

脳がいっちゃっている状態こそが、本当の瞑想状態です

大きく感じる脳が開いています

潜在意識の扉も大きく解放され、抑圧の処理もされていきます

ストレスももちろん気持ちよさの中で消滅していきます

生きる活力も湧いて出てきます

脳に栄養が行き届き、活性化していきます



瞑想とは気持ちいいものです

だから、瞑想にハマっている人は瞑想を毎日やり続けます

理性的な脳でやると雑念ばかり出てきて、心地悪くなるだけです

だから、瞑想に対して変に難く考えないで下さい

難しく考えるだけ体が緊張します


瞑想のコツをたくさんのサイトで書かれてありますが、座禅を組むとかマントラを唱えるとか、腹式呼吸とか、姿勢はこう、手の形はこうとか、あんなものはどうでもいいです

瞑想のコツとは気持ちよくなること

気持ちよくなることを妨げるものには取り組まない、受け流すだけ、これが真の瞑想のコツだと思います
  • ライブドアブログ