瞑想のコツと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。決定的な一感は億の理論に勝る!

変性意識状態

瞑想を深めるコツ 観照の仕方 何を考える? どうすれば効果が上がる?

photo-1508788397430-55907b348ba8
瞑想を覚醒させられる条件とは

瞑想にはコツがあります

しかしうまくやるためのコツを考えてしまうと、それは瞑想がうまくいかない原因になってしまうことを知っておいてください

瞑想が覚醒していくには、自分が観照者である必要があります

決して自分で自分を瞑想覚醒状態に追い込んでいくことではありません

ただあるがままを受け入れてください

そして現在の自分の状況をぼんやり集中した状態で感じてください

呼吸法の重要性とそのコツ

その間は呼吸法をやるのがいいでしょう

呼吸法にも意味を求めては駄目です

呼吸法は瞑想を深くしていく非常に重要な行為ですが、普段意識して呼吸をしていないように、呼吸法においても、過度な期待と意識を持たせては駄目です

普通の呼吸法よりは、深く吸って、数より長めに吐くことを心がけてください

呼吸一つで瞑想がうまくいくのかの未来がわかる

瞑想が上手く行っている時は、呼吸法の質でわかります。

そして、自分の精神状態も、あるがままに受け入れられています

慌てていませんし、ただ感じて、観照できます

瞑想が覚醒していく状態

そうすると、たかが瞑想、たかが呼吸法なのに、エネルギーが上昇して自分の中に渦巻いてくるのがわかるようになります

しかし、エネルギーが上昇してすごさを感じつつも、あなたは逆にもっと静寂の中に浸れます

うまくいくと、自分自身の肉体も消失した体感に陥ったりします(けっして期待しないように)

世界も静かに感じます

深い静かな空間の中から、この世界すべてを、宇宙すべてをひたすら観照してください

その中でも、静かながら非常にダイナミックなエネルギーも感じているはずです
(岩波先生の覚醒瞑想を受けた人ならば実感できていると思います)

ただし、そこで更に自分で深めてやろうと思わないことです

観照者としてだけでいいです

浸ること、感じることだけです

何もせずに、観照者として存在するだけの簡単な仕事です

ただ自分自身とともにあればいい

自分は自分であるように、あるがままに存在するように

自分の中に起こっている神秘的な奇跡的な体験を静かに慌てず鑑賞するだけ


観照者として徹する、他には何もいらない

これが瞑想を深めるコツであり、瞑想から最大限の効果を得るためのコツです

瞑想中何を考えるかというと、考えてもいいですし、考えないようにしようとしても考えてしまうのが人間なので、とにかく観照者であることは外さないでください

観照を続けられた人に瞑想の覚醒がいきなり訪れます

でも、そうだとしても、それすら観照を続けてください

変に理性を使ったり、よく見てやろうと身を乗り出すこともありません

もちろん恐怖感を感じる必要もありません

瞑想のコツ、というかエッセンスをここから感じ取ってくだされば幸いです

流れに乗るだけでいい、もっと簡単に瞑想の解釈を変えると、逆にもっとうまくいきます

観照者として頑張ってください

brain-1787622_960_720


トランスと瞑想と無意識の話 脳覚醒プログラム(覚醒瞑想)実録

attend-1786091_960_720

瞑想やマインドフルネスをやる意味がない状態

瞑想の目的は深いトランス状態、変性意識状態に入り、人間の心を支配している無意識(我々の日常意識ではコントロール不可)を大きくいい方向に変えていくものです

だからただ瞑想や座禅やマインドフルネスをやればいいわけではなく、必ずトランス状態、変性意識状態に入らなければやる意味がない!!

そこまで言い切ってしまうのは、やっぱり瞑想はただの手段にすぎないため、瞑想をやることを目的にしてはいけないと思っているから

瞑想やマインドフルネスはうつ病に効果的だとかストレス軽減になるとか能力開発の面でいいと言われていますが、ただやれば願望が実現されるとは思わないで下さい

願望実現がなるかどうかは、まず深いトランス、あるいは変性意識状態に入らなければ全く効果が現れないと思っていい!

瞑想、マインドフルネスは無意識、潜在意識が制御できるトランス状態が鍵


なぜトランス状態に入らなければならないかというと、無意識が浮上してこないから

普段から無意識は表層意識の奥の奥の奥にある

そしてその領域は皆さんがご存知のように9割以上あると言われてます

無意識で起こるすべてのことは意識の力では御しきれません

しかし、無意識を攻略しなければ、よりよく生きられない(なんせ意識の領域の狭さと可能性はあまりに小さいのだから)

だから、その困難なミッションに立ち向かうために古来から受け継がれてきたのが瞑想そのもの

座禅やアメリカで開発されたマインドフルネスも同じ

瞑想は感覚の世界に身をおくことが使命です

瞑想を理屈で捉えてもなんにも意味がなくて、自分自身の体感を通して得られた感覚が唯一の答えになります

無意識はとらえどころがないですが、感覚的にはつかめます

その最たるものが悟りだ

悟った人間は(どんな悟りでもいいですが)揺るがない自信と信念を得られる

人間はそれ一つで大きなことを成し遂げられる!

脳も勝手に進化してくれて、能力開発なんて簡単にできていきます

無意識から心が落ち着くから、ストレス軽減なんてお手の物

うつ病だって無意識の原因が突き止められるから治っていくわけで、勝手に脳機能も回復していきます

瞑想を目的にしてはいけない。あくまで手段で使いこなすことが大事


結局、瞑想やマインドフルネスをやるってことは、深いトランスを味わい無意識の世界に深く深く入り込まないといけないってことで、それがない瞑想には意味は殆ど無いともっていいと思います

私も瞑想をやっても少ししか変性意識を味わえずに苦労してきたから、ずいぶん無駄なことをしてきたなと思う

岩波先生の覚醒瞑想誘導技術を受けるまで、本当の瞑想状態がどれほどの可能性にあふれているか感覚としてわからなかった

ただ瞑想状態に入ったらいいことが起きると思っていただけだった

潜在意識とか無意識が開発されたり癒やされたら、大きな効果が望めると思っていた

しかし、現実は甘くない!

瞑想をやるからには、やったからには、何が何でも深いトランス状態を味合わなければ意味がない!

はっきりいって、私の岩波先生に出会うまでの瞑想の歴史は無駄だった

瞑想をやってトランスに入れない人は、まだ温泉に入ってのんびりしていたほうがどれだけストレスが軽減されるかわからない

猫や犬で癒やされていたほうがマシだ
最新記事
  • ライブドアブログ