瞑想のコツと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。決定的な一感は億の理論に勝る!

ヴィパッサナー瞑想

世界最強の誘導瞑想法 覚醒瞑想(岩波英知)を受ける際のコツ

世界最強の誘導瞑想法 覚醒瞑想(岩波英知)を受ける際のコツ

世界『最強』から瞑想を深めていく

瞑想難民の方にとって、瞑想を極めてみたいと思っている方にとって、岩波英知先生が誘導される特殊な瞑想状態はまさに瞑想の概念を一変させます!


世界『最強』の瞑想状態に必ず誘導されるもので、逆算して、自分でも瞑想状態を深めていくことができる、理想的な方法です

まさに瞑想の概念が崩壊します

それだけ想像の外にある瞑想法です

しかも、岩波先生が一瞬にして、究極瞑想状態にまで誘導するため、私達としては任せっきりでいいのですが(家で瞑想をする時はまた別のコツがある)、普通の瞑想法だと思って受けに行ったらびっくりすることでしょう


効果の実感に乏しい瞑想法との差


何が違うのかというと、普通瞑想の指導者の先生方は、本格的な瞑想状態への誘導はしません
アドバイスを与えてくれるだけです

技術的な意味で何ができるというわけでもなく、結局瞑想をやる参加者に任せっきりなのが実情です
それでも、自分ひとりで瞑想を続けるよりはいいかもしれませんが…


だから、瞑想=目を閉じひたすらマントラを唱える、呼吸法をする、意識を統一する、座禅を組むしかやりようがありません


強烈無比、圧倒的な誘導式の瞑想

しかし、岩波先生の覚醒瞑想は誘導式の瞑想法です

覚醒瞑想のプログラム中に、黙想したり、呼吸法をしたりする時間はありますが、それはあくまでサブです

あるいは究極の瞑想状態やその時時の自分の限界を超えた瞑想状態の余韻を味わい、その中で心の処理をしていく時間です

その余韻の状態の時に、深い深い気づきに至ったり、心が浄化されたり、深い達観を得る、あるいは悟りを得ていく人もいるでしょうし、すごい効果が出てくる時間でもあります


覚醒瞑想の流れ

基本としては、岩波先生の誘導により、その驚異の技術で一瞬にしていつの間にか瞑想状態に入ってしまう、そして余韻を味わう、また誘導されて、どんどん瞑想状態を深めていくという流れです

人によっては、運動系の暗示、感情系の暗示、記憶系の暗示などを入れてもらいます

だから純粋な瞑想とはまた違うものです

だからこそ岩波先生は、瞑想の先生と呼ばれているすべての指導者と比べて、圧倒的に技術的にすごいのですが、『誘導型瞑想法』という意味では、世界中どこをさがしてもありません

ここまですごいのはまずありえないし、岩波先生以外に作り出すこともできないでしょう!


瞬間瞑想、逆算の瞑想法

岩波先生の瞑想法は、瞑想状態を徐々に深めていくのではなく、瞬間瞑想と言われるように、一瞬に瞑想の概念を覆す(ぜひ味わって!)強烈な瞑想状態を脳に創出させてから、逆算して個人個人の瞑想状態を深めていきます

だから、瞑想の一般常識を捨てて岩波先生の覚醒瞑想を受けられることをおすすめします

つまり、いきなり瞬間的に瞑想の極限を超えた状態に入れてもらうことを第一の目的としたほうがいいです

そして、家で(場所は外でもどこでもできます)トランス呼吸法を使って、瞑想状態を自分で深めていきます

よく言われているように、脳覚醒状態、覚醒瞑想状態を味わった脳から、トランス呼吸法で強烈な感覚を引っ張り出すことコツさえ掴めば、超越瞑想でいくら修行しようが到達できない瞑想世界に入れるようになります

カテゴリ別目次

瞑想難民になっていませんか? 瞑想は案外役立たず、マインドフルネスもレベルが低い

hukurokouzimeditationmindfulness

瞑想に過度の期待を持つと裏切られます(自分の潜在意識に裏切られるともいう)

瞑想やマインドフルネスなんてものはしょせんお遊びに過ぎず、いいところ温泉でリラックスしたところの効果しか得られません

一般的にそれが瞑想やマインドフルネスの限界で、一線を超越した劇的効果は得られないのが常識です

ですが、瞑想教室やマインドフルネスのワークショップを主催している団体は、瞑想やマインドフルネスがメンタルヘルスや脳の活性化に役立つといっていますが、温泉効果と同じレベルで終わります

悪いことに温泉は毎回入るごとに身体にもメンタルにもいい感じになりますが、瞑想やマインドフルネスは魔境に入ったり、効果がさっぱりだったり、やれば効果が上がるわけではありません

肉体を精神が超越しないと瞑想やマインドフルネスやヨガの類は効果を実感できないです

魔境に入ったり、効果が実感できないで焦りのドツボにはまると、逆効果にはまることもあり、自分の心に向き合うことは危険なことでもあります

焦りや不安から解放されたいのに、その渦に飲み込まれるくらいなら瞑想なんてやらないほうがマシですが、しかし瞑想には特別な魅力があります

自分の内面に向き合える瞑想や座禅やヨガといった行為は、先が見えない底が知れない魅力がありますが、その魔性に引き込まれてしまうと人生を大きく損をさせることになるでしょう

なぜなら、例えば超越瞑想をやり、効果が感じられないな、マンネリしているなと思えば、ヴィパッサナー瞑想をやったり、海外を旅してシャーマンやグルのワークショップを受けたり、座禅をしたりと瞑想難民になっていきます

なぜかというと決定的な体験を求めているのに味わえていないから、さまよい続けて難民化するわけです

それは好奇心旺盛だからという理由だけではなく、現状に満足していないからに他なりません

はっきりいって瞑想やマインドフルネスには様々な流派がありますが、どれも低レベルです

温泉同好会レベルです

その先に深い効果が温泉効果と比較ならないほどあったとしても、温泉に入ったほうがいいぐらいならば、瞑想なんてやる必要はありません

いま現在に瞑想で劇的に深い効果を得ていなければ、これから先得られることはありません

瞑想で自分に向かい合う暇があったら、社会でバリバリ働いていたほうがはるかに生産的です

瞑想なんて低レベルでやり続けると、雑念やもやもやを引き寄せるだけです

もし現在瞑想やマインドフルネスやヨガなどをやって、停滞しているなと思っているならば、この先劇的に意識が深まることはありません

瞑想難民の数だけ、瞑想の効果が大したことがないということを意味しています

関連ブログ記事
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由

覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ
RSS
  • ライブドアブログ