瞑想のコツと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。決定的な一感は億の理論に勝る!

マインドフルネスの効果

瞑想の奇跡的な効果 なぜ人は瞑想の魅力に取り憑かれるのか

瞑想の奇跡的な効果と神秘の力
今更ながら瞑想のすごい効果とは?

瞑想とは何か?

なぜ瞑想の魅力を知った人は、ずっと瞑想を続けるのか?

それは瞑想には奇跡的な効果があるからです

効果と魅力を感じなければ、瞑想を毎日続けるはずがない



瞑想の可能性とジレンマ


しかし、多くの人が瞑想の重い扉の向こうの素晴らしい効果の世界を垣間見るぐらいで終わっているようです

瞑想には可能性がすごくあることは、瞑想をやって感覚でわかっているものの、その中に完全に突入できないジレンマがあります

しかし、そこにたどり着いたら、すばらしい体験と自分の人生のより良き変化がもたらせる予感を持っている



究極の瞑想状態に入れた時、どんな効能がある?

では、瞑想が花開いた時、どのような効果が待っているのか?

生きているからには、幸せに生きたいということは絶対でしょう

瞑想は幸せをもたらしてくれることは確かです

しかも、他人から幸福感を与えてもらうことなく、自分の中から多幸感を生み出すことができます

ある意味ではお手軽で、何にもいらず、脳一個で、人生を幸せなものに変化できます


自分への満足=人間関係の劇的向上

それに自分が満ち足りて、自分が自由になれるため、他者との関係も劇的に向上します

これはよく言われている効果ですが、私も自分自身に起こった経験から断言していいことです

他者との人間関係の良し悪しは、結局自分の心の状態を他人に反射して起きたものに過ぎません

自分を瞑想で変えることができれば、そのまま他人との関係も良好なものになります



ストレスと無縁になれる、勝手に浄化されていく

また現代社会はストレス社会です

資本主義が行き過ぎて、みな心のどこかで重荷を感じながら生きています

心が休まることはあまりない状況で生きざるを得ないが、瞑想は心の平安をもたらしてくれる

様々な不安がなくなり、ストレスも感じにくくなり、その上ストレスで受けた心のダメージも身体的な疲労も癒やしてくれるのです

つまり、瞑想をやれば心が満たされるわけで、しかも他人との人間関係でうまれる満足感ではなく、自己完結という理想的な状態になれます




なぜ瞑想で自分に満足できるようになるのか?

幸せと書くと、変な宗教になってしまうため、人生の充実感、自分への満足感と置き換えてみてください

瞑想が充実感、満足感をもたらしてくれるのは、それらを妨げる過去からのマイナスの蓄積を取り払うことができるからです

心の浄化ができ、さらにもっと心の奥深くに到達できるため、人生でずっと積み重なってきた悪い情報、体験、心の傷がない状態から、自分を見つめ直すことができます

瞑想がそう簡単にいくわけがない、という声もありますが、一応瞑想がある一線を越えると、こんな効果があるということを書いています

現実の瞑想法でそこまで到達することは至難の業とは言え、瞑想にはそんな魅力があるので、諦めないで続けることも重要です


充実感、満足感は外ではなく自分の内面にしか存在しない

人生に充実し、満足を感じて生きられる原因は、自分の外には決してない

自分の中にしかないんです

自分の内面の一番深いところに、成功と満足の本質が埋もれています

しかし、成功と満足は外にしかないと、自分の心の本質を無視して、外と合わせて心を乱されます

外の世界は、誰もあなたの事情を知らないわけで、ストレスとプレッシャーを押し付けてくるだけ



過去の不都合な情報に縛られなくなる

そして、外の世界によって固定観念を植え付けられ、生きづらさを感じるようになっていく

この生きづらさの情報に縛られたまま、幸せになろうとしても、決して社会も他人も幸せにしてくれません

みんな自分のことしか考えていないため、幸せになるためには、結局自分の内面に戻るしかないのです

そこで、みんな瞑想や座禅などの精神世界に興味を持ちます

しかし、これまでの心を曇らせてきた情報の蓄積によって、瞑想中に深い意識の世界に入ることを妨げられる

これが雑念のもとです

だから、誰も瞑想をいくらやっても、その可能性をわかっても、扉の向こうに足を踏み入れることができないんです



邪魔な理性的な意識をコントロール

瞑想には過去の抑圧された情報を、完全に除去できる効果がある

これは絶対的に間違いありません!

除去できる時は、理性的な意識を感覚的な意識が上塗りしている時に起きます

人間の感覚の力はすごいものがあります

人間の生み出した直感は、歴史を変えてきました

偉大な発明、歴史的な決断、これらは最後は直感力によって生み出されました

人間の感覚は、100年書物を読んで得られた知識よりも、一瞬で超越してしまいます


この直感の力が発動するのは、理性的意識がない時、つまり無であり、空っぽの状態になった時だけ


これらを瞑想がもたらしてくれます


瞑想で心も頭も、神経も筋肉も完全リセット

どう無になれるのかというと、超が何個もつく変性意識状態に入っていった時に、誰でもなれます

注意点は、最初から無で瞑想ができるわけではないということ

徐々に変性意識に入り、ある時から急激に変性意識が自分でも驚くぐらいに深まった時、無の世界に突入します

何層にもある自分の心を突き破って、本質的な自分自身に出会えた時、そこに人生の充実感と満足感が無限に埋もれている源泉に到達します

究極の瞑想状態に入ると、それ単体ですごいことが起きる!

そこには理由もなく、本質的自分に触れただけで幸せになってしまう

いわば心の中の黄金郷にたどり着いてしまう


この黄金郷を古来より、瞑想やスピリチュアリティの指導者たちは神秘の力、シークレットパワーなどと表現してきました

外の世界で道に迷った自分の心を、瞑想が軌道修正してくれるどころか、自分の内面の中の宝の山を発掘してくれるのだから、瞑想には奇跡的な効果があると断言していいです

瞑想の魅力はまさにそこにあります



一人で瞑想をやることの危険性と非効率性

ただしいくら自分の内面に黄金郷があると言っても、そこにたどり着けない難しさもあり、一人で瞑想を続けることは非常に非効率的です

本質的な自分(それ単体で存在するだけで幸せに満ちた自分)に出会うためには、優秀な実力のある先生の下でやるべきです

瞑想には様々なトラップがある

瞑想にはすごい奇跡的な効果があるとは言え、逆効果になることも指摘されています

そこを乗り越えた時、自分でいるだけで満ち足りて、しかも生きるモチベーションも同時に生まれる理想的な状態になれます!


カテゴリ別目次

瞑想をやる意味 瞑想での失敗と脳覚醒から学んだこと

entrepreneur-998735_960_720

瞑想の効果の一つに、成功できる自分に変われるといいます

実際に成功者は瞑想をやっている人が多いです

成功とは、物質的な成功と精神的な成功があります

瞑想状態で奇跡的な体験をすることは一つの成功ですが、全く収入がなく瞑想をやり続けてお金がなくて餓死したら、そもそも瞑想はできなくなります

瞑想だけやっていて(指導者でなければ)、物質的な成功に至った人はいません



ということは、瞑想をやることで、実社会での行動にフィードバックしなければ意味がないということですね

昔の私のように瞑想を逃避で使うようになると、逃避すらできなくなるので、気をつけて下さい





瞑想をやっていれば成功者になれるわけではないけれど、なぜ成功者は瞑想を好んでやるのでしょうか?

またマインドフルネスを大企業の経営者が社員向けに取り入れていることも事実です



私は精神的に落ち込んだ時、精神的な成功とは無縁になっていました

念願の国家公務員になり、給料は人並み以上にもらえ、身分の保証されるようになったものの、中身が空虚でした

精神的にダメになっていたら、何にも成し遂げることができないことを嫌というほど思い知りました

だから、瞑想にはまっていったのですが、瞑想をしたからと言って、心が楽になっていったわけでもなく、つらい日々を過ごす一因に瞑想はなっていたぐらいでした



そういう意味では、私は失敗者でした

精神的な不健康さ、生きることの活力、意欲が失われた状態、人間関係がうまくいかない、感情面と精神面が不安定など、人生の落伍者になりかけるところでした

私は自暴自棄になりかけ、瞑想はもともと精神的な成功者のような充実した人間がやるから効果を味わえるし、仕事に発揮されて更に成功する好循環に入っているだけだと思いました

私のように心に空白ができた者が瞑想に下手に手を出すと、空虚と空っぽだけを意識して、もっと苦しむことになるのだと…

瞑想などやるんではなかったと思ってしまったこともあります




ただ瞑想を続けていたら、何か奇跡的な感覚に入って、心の空白が埋まる体験ができるかもしれない、という一心で惰性で続けていました

今は覚醒瞑想という岩波先生の誘導瞑想やトランス呼吸法に出会うことができ、やめなくてよかったと思っています



成功者は物質的な成功をしているはずなのに、なぜ瞑想をハマっているのかを考えた時、彼らは精神的な成功をしたいのだと思いました

精神的な成功が物質的な成功(経営者ならば企業の舵取りがうまくいくこと)をさらにもたらしてくれるのだと思えるようになりました

すべてを一度リセットし、歩みだすプロセスを欲しているのだと

ストレスばかり、心配事ばかりで知らず知らず疲弊している心の働きを、瞑想でリセットできるからこそ、誰よりもエネルギッシュに行動し、誰もが考え出せなかったアイデアを生み出せるのだと思います



私は瞑想でリセットするどころか、疲弊した心をさらに瞑想で追い詰めていたように思います

完全にやり方を間違い、成果だけを期待し、悪いものしかみない結果に陥ったのです

あまりに完璧にやろうとしていたのかもしれません

雑念が入り込んだら排除しようとばかり考えていました

そうでなければ理想の瞑想状態に入らないと思い、異物をなくすことに血道を上げていきました

そんな小さな人間に瞑想の神様が微笑むわけがありません



瞑想はもっと軽やかにとらえるべきものだという考えに至りました

瞑想を苦行のようにしていたのは私の心です

瞑想を始める前も、人生そのものは苦行であり、そこを乗り越えた人間が真の成功を手に入れられると思っていました

しかし、緩みが必要なんですね

瞑想を苦行だと捉えてやる人は、私のように完全主義者の罠に陥るでしょう

人生楽しまなきゃ、瞑想も楽しまなくちゃ、これぐらい気楽な方が瞑想もうまくいくようになります


カテゴリ別目次

瞑想難民になっていませんか? 瞑想は案外役立たず、マインドフルネスもレベルが低い

hukurokouzimeditationmindfulness

瞑想に過度の期待を持つと裏切られます(自分の潜在意識に裏切られるともいう)

瞑想やマインドフルネスなんてものはしょせんお遊びに過ぎず、いいところ温泉でリラックスしたところの効果しか得られません

一般的にそれが瞑想やマインドフルネスの限界で、一線を超越した劇的効果は得られないのが常識です

ですが、瞑想教室やマインドフルネスのワークショップを主催している団体は、瞑想やマインドフルネスがメンタルヘルスや脳の活性化に役立つといっていますが、温泉効果と同じレベルで終わります

悪いことに温泉は毎回入るごとに身体にもメンタルにもいい感じになりますが、瞑想やマインドフルネスは魔境に入ったり、効果がさっぱりだったり、やれば効果が上がるわけではありません

肉体を精神が超越しないと瞑想やマインドフルネスやヨガの類は効果を実感できないです

魔境に入ったり、効果が実感できないで焦りのドツボにはまると、逆効果にはまることもあり、自分の心に向き合うことは危険なことでもあります

焦りや不安から解放されたいのに、その渦に飲み込まれるくらいなら瞑想なんてやらないほうがマシですが、しかし瞑想には特別な魅力があります

自分の内面に向き合える瞑想や座禅やヨガといった行為は、先が見えない底が知れない魅力がありますが、その魔性に引き込まれてしまうと人生を大きく損をさせることになるでしょう

なぜなら、例えば超越瞑想をやり、効果が感じられないな、マンネリしているなと思えば、ヴィパッサナー瞑想をやったり、海外を旅してシャーマンやグルのワークショップを受けたり、座禅をしたりと瞑想難民になっていきます

なぜかというと決定的な体験を求めているのに味わえていないから、さまよい続けて難民化するわけです

それは好奇心旺盛だからという理由だけではなく、現状に満足していないからに他なりません

はっきりいって瞑想やマインドフルネスには様々な流派がありますが、どれも低レベルです

温泉同好会レベルです

その先に深い効果が温泉効果と比較ならないほどあったとしても、温泉に入ったほうがいいぐらいならば、瞑想なんてやる必要はありません

いま現在に瞑想で劇的に深い効果を得ていなければ、これから先得られることはありません

瞑想で自分に向かい合う暇があったら、社会でバリバリ働いていたほうがはるかに生産的です

瞑想なんて低レベルでやり続けると、雑念やもやもやを引き寄せるだけです

もし現在瞑想やマインドフルネスやヨガなどをやって、停滞しているなと思っているならば、この先劇的に意識が深まることはありません

瞑想難民の数だけ、瞑想の効果が大したことがないということを意味しています

関連ブログ記事
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由

覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ
RSS
  • ライブドアブログ