マインドフルネスと脳覚醒 岩波覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験記です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の岩波先生の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
たった40万円払えば一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。きっと後悔しますよ。

マインドフルネス

マインドフルネスや瞑想をやってきた人に岩波英知先生の技術を受けてもらいたい理由

ドリームアートラボラトリー岩波英知によるマインドフルネス瞑想を超えた脳覚醒

マインドフルネス、瞑想、ヨガなどやってきた人ほど岩波先生の凄さがわかります


様々な目的の人がドリームアートラボラトリーの岩波英知先生のプログラム、セミナーに参加していました

中には瞑想やマインドフルネスをやってきた人も多くいて、自律訓練法や催眠を含めると
もっと多いいると思います

岩波
英知先生もいきなり自分のプログラムに参加するよりは瞑想やマインドフルネスやヨガなど他の方法を
経てきた人を歓迎しているようなところはありました

岩波先生のレベルの高さ、それ以外のレベルの低さがよくわかります


私も最初から岩波先生の脳覚醒誘導の技術を受けてしまうと
どれだけ先生が偉人なのか測りかねると思います

もちろんすごい人だとはわかるでしょうがどれだけすごいか比較対象がないのが
もったいない(幸せなことだけど)

それともこういうことをやっているところは皆
こんな体験ができるのかと思ってしまうのもちょっと残念

瞑想、マインドフルネスをやり苦労してきた人ほど受けるべきです


そういう観点からすると瞑想、マインドフルネスを頑張ってきた人に絶対に受けてほしいと思う

そういう人はどれだけ変性意識の入り口に立ち入ることが難しいがわかっているから

自分の理性と防衛本能の壁がいかに高いかわかっているから

すごく、それもやばいくらいにショックを受けますし感動します!

やばすぎるぐらいやばい感覚の体験ができます

これは岩波英知先生しかなし得ないことを考えると初っ端から受けられた人は幸運です

マインドフルネスや瞑想をやってきた人も本物に出会えたのだから幸せです

深まっていくしかない脳覚醒状態!


トランス呼吸法のコツ(見返りを求めず期待をせず淡々とこなす)をつかめば
自分でもやばい変性意識体験ができます

かつて瞑想法やマインドフルネスをやって実感に乏しかった人も必ずそうなれます

一度脳が覚えた感覚は消え失せない

だから積み重ねていけるだけ


もしそれがなければ実感も得られず実感を求めてもっと遠のいていく最悪な結果になる

だからこのことが瞑想に長い間エネルギーを注入してきた人は絶対に受けるべきだと
私が強く思う理由です



恍惚と至福 全ページ紹介
マインドフルネスや瞑想をやってきた人に岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


マインドフルネス瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想、マインドフルネスを超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム

岩波英知先生のドリームアートの覚醒瞑想、マインドフルネスプログラム
脳覚醒プログラムは、一般向けと上級特別層向けに分かれています。

一般向け脳覚醒プログラム

岩波先生の新サイトにも脳覚醒プログラムが有ります。
こちらは主に上級特別層向けということですが(選ばれし人の限定プログラム)、覚醒瞑想などは誰でも興味が有る人なら受けられそうです。
上級特別層向け脳覚醒プログラム

覚醒瞑想
高僧向け脳覚醒プログラム

がリンク先です。

より目的別に限定されている脳覚醒プログラムなので、一度目を通して自分にあったプログラムを受けるといいと思います。
例えば経営者ならば、経営者専門脳覚醒プログラム
二代目社長ならば、二代目社長専門心理脳内プログラム
など。

まあ、このブログを芸能人の方が見ているかわかりませんが、
芸能人専門脳覚醒プログラムもあります。
岩波先生の元には多くのVIPやセレブが来ているそうです。

頂点を極めるために、自分の脳の可能性をスパークさせよう!



恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

人生が憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服

心の空白を埋めるために瞑想、マインドフルネス漬けの日々

岩波英知先生の脳が覚醒する技術の体験と感想と評判以上のすごさ

私は心の憂鬱とぽっかり浮いた空白を埋めるために瞑想に興味を持った

超越瞑想、ヴィパッサナー瞑想、マインドフルネス、内観療法、自己催眠法、催眠療法、いろいろな瞑想法を試してきた

どれも最初はいい感じがするもののなかなか突き抜けた感じにはならずにもどかしかった

気づくことなんてできなかったし、気づきが向こうからやってくる精神状態にもなれなかった

なぜこうまで生きることに虚しさを感じてしまうだろう


なぜか生きるのが苦しいのは変わらなかった

何がというわけでもないのに不安感を常に感じている

はじけたものがほしい、生きている実感を得たい

感動とは何か? それも遠のいていく私の人生に危機感をもっていた

瞑想、マインドフルネスをやるともっと心の空白を意識するようになる


瞑想やマインドフルネスをやり続けている間も私は常に迷っていた

やればやるほど私の心がどこに行ってしまったのか、虚しい自分を再確認するだけになった

瞑想、マインドフルネスやヨガもそうだと思うが、自分の心を見つめるということはそれだけリスクがある

だから、孤独感とか憂うつ感は一層強まった

私は何のために生きているのか?

かわいい妻ももらい、幸い子供も授かった

その責任感もあったが、どうも生命的なエネルギーが出てこない

頑張らなくちゃいけないのに頑張れないこのもどかしさ

瞑想やマインドフルネスで効果がでないことに焦る


それでも答えは瞑想やマインドフルネスをやった先にあると思っていた

だけど答えは見えなかった、どんなにやっても…

私のやり方が悪いのか、瞑想、マインドフルネスという手段が悪いのか

それともどの瞑想法も私に合っていないのか、他の方法はないものか

実際に診断されたわけではないが、私はこの時軽いうつ病にかかっていただろう

幸い薬をのむこともなく過ごせていたから、瞑想をやっていた効果は少しは出ていたのかもしれない

だが、もっと強い実感を得たかった、生命的なエネルギーを感じたかった

一瞬、簡単、深い、すごい、ありえない瞑想法


そこでやっと見つけたのがDream Art Laboratoryの岩波英知先生が行っている脳覚醒プログラム

そこの特徴は何と言っても、とにかく凄いと誰もが表現する脳覚醒状態(覚醒瞑想状態)を一瞬で簡単に味あわせてくれるという誘導瞑想技術だ

その深い感覚といったら言葉に表現できない

瞑想状態や催眠状態のはるかに強い凄い感覚の状態で、意識が異常に変容している感覚のことだ

私がやってきた瞑想、マインドフルネスは実は瞑想の入り口に過ぎず、海で言えば波打ち際で遊んでいるぐらいの深さらしい

受けた瞬間にこれまでの瞑想、マインドフルネスが馬鹿らしくなって笑ってしまう


しかし脳覚醒プログラムで誘導される覚醒瞑想状態は、深海に相当するらしい

「らしい」ではなく、実際に体験した人皆が言うが、まさに深くすごい感覚でやばいという感想もあった

やばすぎて感動するという表現だった

これまでの瞑想、座禅、気功、ヨガ、マインドフルネス…すべてが子供だましのように思えてならなくなるらしい

実際に私も覚醒瞑想を受けてみた


そして実際に脳覚醒プログラム(覚醒瞑想)を受けてみた

その感想を端的に言いたい

私がやってきた瞑想とは瞑想ではなかった(これは私自身の能力不足もあることも言っておきたい)

衝撃だし、最初何が起きたかわからなかった

どこにいたのかも何をしていたのかもわからない、しかしすごさだけは全身で体感している

ただただ不思議だった

だが圧倒的に違うことだけはわかった

別次元の体験だったし想像していたレベルではなかった

なんというかやっぱりやばいすごさだった

最初のやばいほどの深さがじつは浅かったと気づくことの繰り返し


怖いぐらいの衝撃と感動が入り混じった今まで味わったことがない意識の変容状態

その日のうちに数回、覚醒瞑想状態に誘導してもらったが、最初と二回目、三回目と感覚が違っていた

二回目も三回目も不思議でたまらなかった

しかし本物だということだけははっきりわかった

三回目ともなると、私の抱えていた憂鬱な感情がどこかに霧散していたのを感じた

楽、楽、ひたすら楽だった

すごく気持ち良い満ち足りた感覚だった

一緒に受けた方々もみな喜びの声をあげていた

中には抑圧が出てきて慟哭していた人もいた

その顔はすっかり憑依していたものが落ちたようなスッキリした顔だった

どんな人でも誘導されて、脳が覚醒していた

自分でコントロールできなかった不安や孤独が元から解消していきました


あんまり深くトランスに入りすぎると、体がついていけず気持ち悪くなるらしいが、私は幸いその日は大丈夫だった

瞑想をやってきたかいがあったと岩波先生から言われたから、やっておいてよかったと思う

意識の向け方がうまく想像力がいいと褒められた

その後ここの脳覚醒プログラム(覚醒瞑想)で、心の抑圧処理をしていくに連れて、言い知れぬ不安感や憂鬱感はどんどん減っていった。

たしかに頭の処理は深い瞑想状態に入れば可能になる

問題はいかに深い状態になるかだ

波打ち際では処理できない

瞑想に執心してやり続けた甲斐がやっとこの時花開いてくれた

一生忘れられない初体験だった

こんなに効果があるのに安く設定してくれて感謝


1コース料金は40万円(10回)

これを高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれだが
瞑想、マインドフルネス、座禅、ヨガなどを追求してきた人は100%安いと言うだろう

20年の行の成果すら数回の誘導覚醒瞑想状態で超越してしまうのだから

時間と実感を40万円で買うとなればこんな安いものはない

費用対効果も抜群だ

覚醒瞑想状態について体験者のブログが何個もあります

参考にしてください。

私一人の力では覚醒瞑想状態の凄さを伝えきれません




恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に岩波英知先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


マインドフルネス、瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波英知先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


偉才!異能!岩波英知先生の別格ぶり


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく マインドフルネス、瞑想への道

その都度目的を達成したが幸福感は長続きしなかった


マインドフルネスや瞑想に興味を持った理由と人生の虚しさ


私はこれでも一生懸命勉強をしてきた

ただ心が充実し続けたことはなかったと思う

どんなにいい高校、いい大学、いい国家資格をとっても、その時は嬉しかったが長続きはしなかった

人生とは何か? 虚無感に襲われた

逆に勉強してこなくても人生を謳歌している人もいる

人生は苦行なのか? 楽しいものなのか?

わけがわからなくなった時期があった

むなしい、さびしい気持ちに取り憑かれてしまった時もあった

何をやっても何か虚ろで楽しくなくなった

心の充実感が損なわれていることへの危機感


以前には楽しめていたことでも感動しなくなっていた

どうもおかしいと思い始めたが、気のせいで終わらせたかった

だけど気のせいではなく、私の人生を今精算しないとやばいことに気付き始めた

そうしないと私は終わる、確実に寂しい人生になるという危機感があった

幸せはお金では買えない、結局心のあり方だ


周りの人間は「なぜそこまで思いつめるの?」とよく言われた

自分の目標を達成してきて、それなりの生活水準を維持してきて何が不満なのかわからないみたいだ



いや、お金では幸せは買えないって本当だなと思う

心が充たされなければお金なんていらないという人も気持ちもわかる

それぐらい心に空白ができていた

何をしたいのかわからなくなった人生


どうやら私の目標は一流大学を出て国家公務員として霞ヶ関の某省庁で働くことで終わりにしていたようだ

そこから先の展望を描くことができなかった

その心の隙間に憂鬱や孤独が押し寄せてきたらしい

かといって新たに目標を定めるには、私にはエネルギーが枯渇していた

生きる希望も少ない人間に、いきなり目標を定めることは無理難題だ

マインドフルネスや瞑想に関心を持つ


だから前回も書いたように瞑想やマインドフルネスに心惹かれることになる

心の隙間を埋めてくれる素敵な方法だと思った

私の彷徨はまだまだ続く

その答えが見つかるまで迷い続けていたと言っても良い、マインドフルネス瞑想をやっていても迷走していたようなものだ

岩波先生に出会うまでは何をやってもうまくいかなかった

虚しい時間を送り、マインドフルネスや瞑想で虚しい思いを消せず、ずっとマイナスのループに陥っていた





恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

マインドフルネス、瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い

理性が私の潜在能力を押さえつけているような

マインドフルネス、瞑想をやろうと思った理由 人生の虚しさ

どうも私には理性が邪魔をしている

何かが私の能力に蓋をしている

私が自由に生きようとしても脳がどうにも重い

私の潜在能力が100だとしても、どうも10ぐらいしか
発揮していないようだ

これに私は苦しんできた

意思はあるのに感情がついてきてくれない

走りたいのに走れない何かがある

脳みその中に、心の底に…

重い、苦しい、パッとしない…

私はもっとやれるはず

しかし実際にやれていない…

努力をして結果を出しても何故かむなしくなる


私には生きていて苦しい時期があった

それでもキャリアアップのために勉強をたくさんしてきた

人並み以上に努力をしてきたつもりだ

その成果もあり一応難関と言われる高校、大学に通った

国家資格もとった

中学生の頃からの目標だった霞ヶ関で働くこともできたし夢が実現した

その自負はたしかにあったし優越感に浸っていた時期もあった

生きづらい、憂鬱、しかし原因不明


それでもわりきれない憂鬱な塊が私の中に存在していた

なぜ私は生きづらさを感じているのか?

これだけうまくやってきたつもりでも何かが足りない

どんどん感情が死滅していくのがわかった

少なくとも学生時代までは豊かだった感情が乏しくなっている…

とくに社会人になってからは一層憂鬱がひどい時があった

しかし原因はわからない

何かが解放されていない気持ちがありながら、その術も知らずに
憂鬱なまま生きてきた

何のための生まれてきたのかの意味を知りたい!


もっとスッキリしたい!

もっとはっちゃけたい!

もっと突き抜けたい!

もっと自分から自由になりたい!

このまま死ぬまでこの気持ちで行くのか?

それだけは嫌だ!

何のために生まれてきたのか?

生の感動を得るためではないのか?

たくさん楽しみ感動し刺激を受けて、
充実して生きていく

これが私の人生ではなかったのか?

どこで道を間違えたのか?

私がやりたいと思ったことをやれてきたはず

それでも何かを落としてきてしまった

頭が大きくなり心が小さくなっていった


それは心だ、感情や感動の部分だ

徐々にわかってきた

私には心が足りなかった

頭だけ肥大化していたようだ

そこから瞑想やマインドフルネスにのめり込んでいくことに

潜在能力の発揮と魂の開放のために

すべてがクリアになり満ち足りた実感を得るために

マインドフルネス、瞑想、これらが私を救ってくれるかもしれない


同じ流れの人は多いんだろうなと思う

だから瞑想やマインドフルネスを追求している

しかしとても実感が得られないレベルがほとんどのようだ

でも考えたって答えは出ない、悟りも開けない

我々には瞑想、マインドフルネスというツールで突き抜けたいと思っている

突き抜けられなければ重い頭のままだ



恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

  • ライブドアブログ