マインドフルネスと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の岩波先生の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。きっと後悔しますよ。

マインドフルネスをやっても深い瞑想に入れない理由

理想の瞑想状態と脳覚醒 ゾーンに入った脳と精神状態とはどんなものか


yogameditation
瞑想状態には様々な次元の深さがあります

瞑想状態が高まると、脳が覚醒していきます

脳のもっと深い次元でスイッチが入り、今まで使ったことがない脳が作動していくのを感じます

私は今まで脳を使って生きてきたと思ったけれど、全然使っていなかったことがはっきりわかりました

脳をフルに使っていたと思っていた部分は、実は脳の表面にしか過ぎなかったことを、初めて脳が覚醒状態に入った時(瞑想状態に深く入った時)に思い知ることになりました


そして、脳が非常に自由であり、あるがままでした

まるで子供の脳のように

常識にとらわれず、自分の過去にも引っ張られず、現状を憂えず、将来への不安もない、無でありながら、すべてのことに感覚が開かれている状態でした

まったく大人の作り上げた様々なしがらみや条件に縛られていない、まさに解放感と心地よさとふつふつと無尽蔵に湧き上がるモティベーションに包まれていました



このゾーンに入ったかのような状態に私は驚きとともに涙を流すほど感動したことがあります

自分の足りなさもはっきりわかりながらも、それを素直に受け入れている自分がいる

完全に自分をすべて受け入れられているからこそ、未来に向かって羽ばたいていけるモティベーションに包まれていました

私の過去抑圧してきたものもこの時に抜け出ていってくれました

本当に楽ですが、気抜けする楽ではなく、すべてがリセットされて新世界に歩んでいくまっさらな気持ちでした


様々な瞑想状態の理想形、脳が覚醒するポイントがあると思うけれど、これは一種の私にとっても悟りでもありました

ここまでの状態へと脳にスイッチを入れてくれた岩波英知先生のスゴワザにひたすら感謝です

瞑想を黙々と続けていても決して届くことはなかった意識に入りました

もやもやが続いていて脳が退化していると感じている人は、ぜひ岩波英知先生のスゴワザに圧倒されてみてください

まったく自分が脳を使って生きてこなかったこと、あるいは脳を使っていてもほんの一部分しか酷使しておらず、本当にもったいないことをしているなと感じるはずです

瞑想は気づくこと

気づかなければ瞑想の意味はありません

瞑想を低次元で使い続けないでください

瞑想の可能性は無限です

しかし、そこらに転がっている瞑想、座禅、ヨガ、マインドフルネスの手法には限界があります

それも浅い次元で終わる限界です


脳が覚醒していく突き抜けた体感をしない人は不幸です

とんでもない損をしていることにも気づくでしょう

瞑想にも脳にも実はとんでもないものが眠っているのです

瞑想難民になっていませんか? 瞑想は案外役立たず、マインドフルネスもレベルが低い

hukurokouzimeditationmindfulness

瞑想に過度の期待を持つと裏切られます(自分の潜在意識に裏切られるともいう)

瞑想やマインドフルネスなんてものはしょせんお遊びに過ぎず、いいところ温泉でリラックスしたところの効果しか得られません

一般的にそれが瞑想やマインドフルネスの限界で、一線を超越した劇的効果は得られないのが常識です

ですが、瞑想教室やマインドフルネスのワークショップを主催している団体は、瞑想やマインドフルネスがメンタルヘルスや脳の活性化に役立つといっていますが、温泉効果と同じレベルで終わります

悪いことに温泉は毎回入るごとに身体にもメンタルにもいい感じになりますが、瞑想やマインドフルネスは魔境に入ったり、効果がさっぱりだったり、やれば効果が上がるわけではありません

肉体を精神が超越しないと瞑想やマインドフルネスやヨガの類は効果を実感できないです

魔境に入ったり、効果が実感できないで焦りのドツボにはまると、逆効果にはまることもあり、自分の心に向き合うことは危険なことでもあります

焦りや不安から解放されたいのに、その渦に飲み込まれるくらいなら瞑想なんてやらないほうがマシですが、しかし瞑想には特別な魅力があります

自分の内面に向き合える瞑想や座禅やヨガといった行為は、先が見えない底が知れない魅力がありますが、その魔性に引き込まれてしまうと人生を大きく損をさせることになるでしょう

なぜなら、例えば超越瞑想をやり、効果が感じられないな、マンネリしているなと思えば、ヴィパッサナー瞑想をやったり、海外を旅してシャーマンやグルのワークショップを受けたり、座禅をしたりと瞑想難民になっていきます

なぜかというと決定的な体験を求めているのに味わえていないから、さまよい続けて難民化するわけです

それは好奇心旺盛だからという理由だけではなく、現状に満足していないからに他なりません

はっきりいって瞑想やマインドフルネスには様々な流派がありますが、どれも低レベルです

温泉同好会レベルです

その先に深い効果が温泉効果と比較ならないほどあったとしても、温泉に入ったほうがいいぐらいならば、瞑想なんてやる必要はありません

いま現在に瞑想で劇的に深い効果を得ていなければ、これから先得られることはありません

瞑想で自分に向かい合う暇があったら、社会でバリバリ働いていたほうがはるかに生産的です

瞑想なんて低レベルでやり続けると、雑念やもやもやを引き寄せるだけです

もし現在瞑想やマインドフルネスやヨガなどをやって、停滞しているなと思っているならば、この先劇的に意識が深まることはありません

瞑想難民の数だけ、瞑想の効果が大したことがないということを意味しています

関連ブログ記事
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由

覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ

トランスと瞑想と無意識の話 脳覚醒プログラム(覚醒瞑想)実録

attend-1786091_960_720

瞑想やマインドフルネスをやる意味がない状態

瞑想の目的は深いトランス状態、変性意識状態に入り、人間の心を支配している無意識(我々の日常意識ではコントロール不可)を大きくいい方向に変えていくものです

だからただ瞑想や座禅やマインドフルネスをやればいいわけではなく、必ずトランス状態、変性意識状態に入らなければやる意味がない!!

そこまで言い切ってしまうのは、やっぱり瞑想はただの手段にすぎないため、瞑想をやることを目的にしてはいけないと思っているから

瞑想やマインドフルネスはうつ病に効果的だとかストレス軽減になるとか能力開発の面でいいと言われていますが、ただやれば願望が実現されるとは思わないで下さい

願望実現がなるかどうかは、まず深いトランス、あるいは変性意識状態に入らなければ全く効果が現れないと思っていい!

瞑想、マインドフルネスは無意識、潜在意識が制御できるトランス状態が鍵


なぜトランス状態に入らなければならないかというと、無意識が浮上してこないから

普段から無意識は表層意識の奥の奥の奥にある

そしてその領域は皆さんがご存知のように9割以上あると言われてます

無意識で起こるすべてのことは意識の力では御しきれません

しかし、無意識を攻略しなければ、よりよく生きられない(なんせ意識の領域の狭さと可能性はあまりに小さいのだから)

だから、その困難なミッションに立ち向かうために古来から受け継がれてきたのが瞑想そのもの

座禅やアメリカで開発されたマインドフルネスも同じ

瞑想は感覚の世界に身をおくことが使命です

瞑想を理屈で捉えてもなんにも意味がなくて、自分自身の体感を通して得られた感覚が唯一の答えになります

無意識はとらえどころがないですが、感覚的にはつかめます

その最たるものが悟りだ

悟った人間は(どんな悟りでもいいですが)揺るがない自信と信念を得られる

人間はそれ一つで大きなことを成し遂げられる!

脳も勝手に進化してくれて、能力開発なんて簡単にできていきます

無意識から心が落ち着くから、ストレス軽減なんてお手の物

うつ病だって無意識の原因が突き止められるから治っていくわけで、勝手に脳機能も回復していきます

瞑想を目的にしてはいけない。あくまで手段で使いこなすことが大事


結局、瞑想やマインドフルネスをやるってことは、深いトランスを味わい無意識の世界に深く深く入り込まないといけないってことで、それがない瞑想には意味は殆ど無いともっていいと思います

私も瞑想をやっても少ししか変性意識を味わえずに苦労してきたから、ずいぶん無駄なことをしてきたなと思う

岩波先生の覚醒瞑想誘導技術を受けるまで、本当の瞑想状態がどれほどの可能性にあふれているか感覚としてわからなかった

ただ瞑想状態に入ったらいいことが起きると思っていただけだった

潜在意識とか無意識が開発されたり癒やされたら、大きな効果が望めると思っていた

しかし、現実は甘くない!

瞑想をやるからには、やったからには、何が何でも深いトランス状態を味合わなければ意味がない!

はっきりいって、私の岩波先生に出会うまでの瞑想の歴史は無駄だった

瞑想をやってトランスに入れない人は、まだ温泉に入ってのんびりしていたほうがどれだけストレスが軽減されるかわからない

猫や犬で癒やされていたほうがマシだ

マインドフルネス、瞑想の効果と瞑想の魔境や危険性について

マインドフルネス、瞑想の効果効能と魔境と危険性について

瞑想やマインドフルネスの効果、効能


瞑想やマインドフルネスには、様々な効能があり、世界的大企業(グーグル、ゴールドマン・サックス、フェイスブック、アップルなど)が取り入れてます

  • ストレス軽減
  • 集中力の向上
  • 記憶力の向上
  • 意思決定力の向上
  • 発想力の向上
  • 感情のコントロール
  • 精神性の向上
  • 悩みの軽減
  • 鬱病予防と鬱病からの回復
まあ自己啓発と能力開発とメンタルヘルスの分野で大きな効果が望めるというわけです

瞑想の魔境と瞑想の危険性について


しかし、いくら鬱病に効果があると言っても、鬱病が悪化してしまう人が多いのも事実です

それは瞑想の魔境と呼ばれる状態に入ってしまうからですね

鬱病という苦しみに理性や客観性というフィルターを掛けられず、ダイレクトに向き合ってしまって魔境に取り込まれてしまう

しかしストレス軽減程度でマインドフルネスや瞑想を活用する分には全く問題ないです

心の抑圧された感情がひどい人ほど、瞑想の魔境に取り込まれやすいので、そこは注意しましょう

また前回のブログで、瞑想やマインドフルネスの弊害について書いていますので、ご覧くださいまし

マインドフルネスで言われている効果効能


なぜ大企業はマインドフルネスに目をつけ、社員たちにやらせようとしているのでしょうか?

それは仕事にプラスになるからだと考えているからです

じゃあ、どのような効果がマインドフルネスにあるのか?

マインドフルネスをしてうまくいった実感を持てた人の脳内には、脳のネットワークが活性化されているため、決断力、発想力、記憶力が飛躍的に向上します(あくまで理想論を書いてます!)


仕事の能率、パフォーマンスがそれによりあがり、さらにストレスが軽減され、不安や怒りや落ち込みといった感情もコントロールできるようになるため、すぐ気持ちを切り替えて仕事に邁進できるわけです

もっと言うと、五感がフル活用されるため、普段の精神状態では思いもつかないようなアイデアが閃いたり、苦境を脱出できる脳に生まれ変わらせることが出来るわけです

本当にいいことづくめだ!

まあ、理想通りにいけばですが・・・・

なぜマインドフルネスでアイデアが溢れ出てくるのか?


アイデアが閃いたり、インスピレーションの神様が降りてくる時、脳内ではどんなことがおきているのか?

アイデアはいきなり無から生まれるものではなく、その意図の過去からの様々な体験、知識、見識、感情や記憶が複雑に絡まり合って、インスピレーションの形で生まれます

マインドフルネスをやることで、過去からの流れが瞬間的につなぎ合わさるため、発想力があがったり、閃いたりします

こうやってマインドフルネスや瞑想の理想を上げればいくらでも書くことができます

ただ現実と理想のギャップだけは私たちは認識していなくてはいけないと思います

私も理想の瞑想の効果を知り、とても喜び勇んで瞑想をしたことがありますが、とてもじゃないですが理想はやっぱり理想です

理想論にすぎないと痛感しました

私の修行不足と言われたらそれまでですが、実は瞑想やマインドフルネス指導者の先生たちも私よりもマシですが、どっこいどっこいの効果しか得られていないようです

ただ一つ瞑想の理想を誰よりも人に説くことが出来るから、そこが先生と言われる由縁です

瞑想やマインドフルネスには大きな期待をかけるだけの価値があるのかどうか、ご自身で一生懸命取り組んで答えを出して下さい


恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく マインドフルネス、瞑想への道

その都度目的を達成したが幸福感は長続きしなかった


マインドフルネスや瞑想に興味を持った理由と人生の虚しさ


私はこれでも一生懸命勉強をしてきた

ただ心が充実し続けたことはなかったと思う

どんなにいい高校、いい大学、いい国家資格をとっても、その時は嬉しかったが長続きはしなかった

人生とは何か? 虚無感に襲われた

逆に勉強してこなくても人生を謳歌している人もいる

人生は苦行なのか? 楽しいものなのか?

わけがわからなくなった時期があった

むなしい、さびしい気持ちに取り憑かれてしまった時もあった

何をやっても何か虚ろで楽しくなくなった

心の充実感が損なわれていることへの危機感


以前には楽しめていたことでも感動しなくなっていた

どうもおかしいと思い始めたが、気のせいで終わらせたかった

だけど気のせいではなく、私の人生を今精算しないとやばいことに気付き始めた

そうしないと私は終わる、確実に寂しい人生になるという危機感があった

幸せはお金では買えない、結局心のあり方だ


周りの人間は「なぜそこまで思いつめるの?」とよく言われた

自分の目標を達成してきて、それなりの生活水準を維持してきて何が不満なのかわからないみたいだ



いや、お金では幸せは買えないって本当だなと思う

心が充たされなければお金なんていらないという人も気持ちもわかる

それぐらい心に空白ができていた

何をしたいのかわからなくなった人生


どうやら私の目標は一流大学を出て国家公務員として霞ヶ関の某省庁で働くことで終わりにしていたようだ

そこから先の展望を描くことができなかった

その心の隙間に憂鬱や孤独が押し寄せてきたらしい

かといって新たに目標を定めるには、私にはエネルギーが枯渇していた

生きる希望も少ない人間に、いきなり目標を定めることは無理難題だ

マインドフルネスや瞑想に関心を持つ


だから前回も書いたように瞑想やマインドフルネスに心惹かれることになる

心の隙間を埋めてくれる素敵な方法だと思った

私の彷徨はまだまだ続く

その答えが見つかるまで迷い続けていたと言っても良い、マインドフルネス瞑想をやっていても迷走していたようなものだ

岩波先生に出会うまでは何をやってもうまくいかなかった

虚しい時間を送り、マインドフルネスや瞑想で虚しい思いを消せず、ずっとマイナスのループに陥っていた





恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

  • ライブドアブログ