瞑想のコツと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。決定的な一感は億の理論に勝る!

岩波先生誘導の覚醒瞑想を味わって

覚醒瞑想:世界最強の誘導瞑想法の紹介と体験談5

ps_20565_15
覚醒瞑想は、世界最強の瞑想法です

誘導式の施術者に身を任せて行う瞑想法でもあります



覚醒瞑想のすごいところは、一瞬で瞑想指導者の体感する瞑想状態を超越してしまうことです

そして誰でもそうなれます

誰でもなれますが、トランス呼吸法をやり込むと、もっとすごい瞑想状態を味わえ、人生を一変させることができるようになります



威力と効果の面ではどの瞑想法も足元に及びません

波打ち際でキャッキャッと水遊びをする幼児と、深海1万メートルに行く潜水艇の差ぐらい、瞑想の深さと効果に差があります

私の知る限り、覚醒瞑想で誘導された人が、これまで経験した瞑想状態を下回ることはなかったです

私自身もそうです

比べるのもおこがましいほどの差があります

それだけ威力があるため、迫力がありダイナミックで、瞑想の常識が根底から覆えるでしょう


誘導瞑想といっても、催眠誘導的なものとはレベルが違います

文字通り最強の瞑想状態に誘導してくれます

一瞬で、ほぼ努力することなく身を任せるだけで行きます



もし100日、瞑想合宿に参加したとしたら、そこで味わえた瞑想の深さと効果を、覚醒瞑想の誘導なら、1日で超えるでしょう

大げさに書いてはいません

そうなるのです



残念ながら、いくら瞑想をやっても、脳は瞑想状態をなかなか思い出してはくれません

だから、ある地点で、瞑想が堂々巡りを起こしてしまいます

しかし、覚醒瞑想で得られた脳は、とんでもない瞑想状態を一生覚えているため、いつでも呼吸法で引っ張り出して活用することができます

呼吸法をやることで、勝手に脳が作動してくれます(このコツは追い求めるのではなく期待せず待つだけでいい)



世界で一人しか、この覚醒瞑想を誘導できる人はいませんが、世界で断トツで最高の瞑想状態を味わいたければ、そして自分でも瞑想を極めたいと思われるのであれば、絶対的におすすめできます

瞑想をやった人で、覚醒瞑想誘導で無感動で終わった人はいないでしょう

世界が一変します

人間の、ご自身の脳の可能性が存分に味わえます


深い覚醒瞑想状態のすごい効果 人生は自分の無自覚な無意識低選択の結果でできあがっている 自分原因説5


私達は常に選択をして生きています

自分で意識していなくても、無意識的に選択して現在に至ります

今現在全てにおいて起きていることは、自分の選択なわけです

好む、好まざるとにかかわらず、自分の無意識で自覚なしに選択された結果が、現在です



人生における様々な選択はもちろんですが、日常のどうでもいいようなことでも選択があり、そのほとんどが無意識的です

だから厄介です

自分の意識の預かり知らぬところで、重大な選択が行われている…

これは怖いことです



結果は全て自分の責任です

運が悪いのも人生ですが、運の悪さも自分の選択の結果なのかもしれません

51vuNDUzGNL


無意識的な選択の失敗や間違いからどうすれば、私達は逃れられることができるでしょうか?

それは瞑想状態に深く入ることです

瞑想状態が深くなった時、はじめて無意識にアクセスできます

この時初めて自分がわかるようになります



覚醒瞑想状態に完全に突入した時、私は自分の人生のすべての結果が自分で選択したものだと悟れました

もちろん無意識的な選択です

自分で意識的に選択した結果は、自己分析である程度わかっていましたが、瞑想のすごいところはこれが頭ではなく心で理解できることです

これがとても気持ちいい行為です

人生がぱっとわかり、過去がわかり、自分がわかります

瞑想のすごい効果はこんなところにもあります



結果は全て自分原因説というものがあります

よくスピリチュアルの本で書かれてあることですが、無意識という自覚なき選択にせよ、自分の選択なのだから受け入れることしかない

まさに自分が原因だから、現在があんまりうまくいっていない状況の人でも、人のせいにしてはいけないし、運命のせいにしてもいけない

自分がいくらでも変えるものです

運命すらも自分が変われば、いい方向に変えていくことができます



こういうことがストンと感情でわかるから、瞑想はすごいと思います

瞑想がすごいと言うより、深い瞑想の効果はそこまで自分を変えてくれます



瞑想は成功者を生み出せるのか? という問いにも関係してきます

成功者は運命の勝者です

幸運を引き寄せ、成功の機会をつかむことができます

瞑想をやることで、頭がリセットされると同時に、自分というものがよくわかります

すべては自分が原因、自分の思いが成功につながることを悟っているからこそ、人のせいにせず、逆境の運命に翻弄されても、いずれ成功できるという実態のない自信を持っています

すべては自分から発生していることを感覚でわかっているからこそ、自分で運命を変えられ、無意識レベルでも最良の選択が可能になっているのです



だから、瞑想をやっている人は、瞑想の効果を存分に引き出すためにも諦めずに続けてみて下さい

瞑想とは感動です

 

瞑想をやる意味 瞑想での失敗と脳覚醒から学んだこと

entrepreneur-998735_960_720

瞑想の効果の一つに、成功できる自分に変われるといいます

実際に成功者は瞑想をやっている人が多いです

成功とは、物質的な成功と精神的な成功があります

瞑想状態で奇跡的な体験をすることは一つの成功ですが、全く収入がなく瞑想をやり続けてお金がなくて餓死したら、そもそも瞑想はできなくなります

瞑想だけやっていて(指導者でなければ)、物質的な成功に至った人はいません



ということは、瞑想をやることで、実社会での行動にフィードバックしなければ意味がないということですね

昔の私のように瞑想を逃避で使うようになると、逃避すらできなくなるので、気をつけて下さい





瞑想をやっていれば成功者になれるわけではないけれど、なぜ成功者は瞑想を好んでやるのでしょうか?

またマインドフルネスを大企業の経営者が社員向けに取り入れていることも事実です



私は精神的に落ち込んだ時、精神的な成功とは無縁になっていました

念願の国家公務員になり、給料は人並み以上にもらえ、身分の保証されるようになったものの、中身が空虚でした

精神的にダメになっていたら、何にも成し遂げることができないことを嫌というほど思い知りました

だから、瞑想にはまっていったのですが、瞑想をしたからと言って、心が楽になっていったわけでもなく、つらい日々を過ごす一因に瞑想はなっていたぐらいでした



そういう意味では、私は失敗者でした

精神的な不健康さ、生きることの活力、意欲が失われた状態、人間関係がうまくいかない、感情面と精神面が不安定など、人生の落伍者になりかけるところでした

私は自暴自棄になりかけ、瞑想はもともと精神的な成功者のような充実した人間がやるから効果を味わえるし、仕事に発揮されて更に成功する好循環に入っているだけだと思いました

私のように心に空白ができた者が瞑想に下手に手を出すと、空虚と空っぽだけを意識して、もっと苦しむことになるのだと…

瞑想などやるんではなかったと思ってしまったこともあります




ただ瞑想を続けていたら、何か奇跡的な感覚に入って、心の空白が埋まる体験ができるかもしれない、という一心で惰性で続けていました

今は覚醒瞑想という岩波先生の誘導瞑想やトランス呼吸法に出会うことができ、やめなくてよかったと思っています



成功者は物質的な成功をしているはずなのに、なぜ瞑想をハマっているのかを考えた時、彼らは精神的な成功をしたいのだと思いました

精神的な成功が物質的な成功(経営者ならば企業の舵取りがうまくいくこと)をさらにもたらしてくれるのだと思えるようになりました

すべてを一度リセットし、歩みだすプロセスを欲しているのだと

ストレスばかり、心配事ばかりで知らず知らず疲弊している心の働きを、瞑想でリセットできるからこそ、誰よりもエネルギッシュに行動し、誰もが考え出せなかったアイデアを生み出せるのだと思います



私は瞑想でリセットするどころか、疲弊した心をさらに瞑想で追い詰めていたように思います

完全にやり方を間違い、成果だけを期待し、悪いものしかみない結果に陥ったのです

あまりに完璧にやろうとしていたのかもしれません

雑念が入り込んだら排除しようとばかり考えていました

そうでなければ理想の瞑想状態に入らないと思い、異物をなくすことに血道を上げていきました

そんな小さな人間に瞑想の神様が微笑むわけがありません



瞑想はもっと軽やかにとらえるべきものだという考えに至りました

瞑想を苦行のようにしていたのは私の心です

瞑想を始める前も、人生そのものは苦行であり、そこを乗り越えた人間が真の成功を手に入れられると思っていました

しかし、緩みが必要なんですね

瞑想を苦行だと捉えてやる人は、私のように完全主義者の罠に陥るでしょう

人生楽しまなきゃ、瞑想も楽しまなくちゃ、これぐらい気楽な方が瞑想もうまくいくようになります

理想の瞑想状態と脳覚醒 ゾーンに入った脳と精神状態とはどんなものか


yogameditation
瞑想状態には様々な次元の深さがあります

瞑想状態が高まると、脳が覚醒していきます

脳のもっと深い次元でスイッチが入り、今まで使ったことがない脳が作動していくのを感じます

私は今まで脳を使って生きてきたと思ったけれど、全然使っていなかったことがはっきりわかりました

脳をフルに使っていたと思っていた部分は、実は脳の表面にしか過ぎなかったことを、初めて脳が覚醒状態に入った時(瞑想状態に深く入った時)に思い知ることになりました


そして、脳が非常に自由であり、あるがままでした

まるで子供の脳のように

常識にとらわれず、自分の過去にも引っ張られず、現状を憂えず、将来への不安もない、無でありながら、すべてのことに感覚が開かれている状態でした

まったく大人の作り上げた様々なしがらみや条件に縛られていない、まさに解放感と心地よさとふつふつと無尽蔵に湧き上がるモティベーションに包まれていました



このゾーンに入ったかのような状態に私は驚きとともに涙を流すほど感動したことがあります

自分の足りなさもはっきりわかりながらも、それを素直に受け入れている自分がいる

完全に自分をすべて受け入れられているからこそ、未来に向かって羽ばたいていけるモティベーションに包まれていました

私の過去抑圧してきたものもこの時に抜け出ていってくれました

本当に楽ですが、気抜けする楽ではなく、すべてがリセットされて新世界に歩んでいくまっさらな気持ちでした


様々な瞑想状態の理想形、脳が覚醒するポイントがあると思うけれど、これは一種の私にとっても悟りでもありました

ここまでの状態へと脳にスイッチを入れてくれた岩波英知先生のスゴワザにひたすら感謝です

瞑想を黙々と続けていても決して届くことはなかった意識に入りました

もやもやが続いていて脳が退化していると感じている人は、ぜひ岩波英知先生のスゴワザに圧倒されてみてください

まったく自分が脳を使って生きてこなかったこと、あるいは脳を使っていてもほんの一部分しか酷使しておらず、本当にもったいないことをしているなと感じるはずです

瞑想は気づくこと

気づかなければ瞑想の意味はありません

瞑想を低次元で使い続けないでください

瞑想の可能性は無限です

しかし、そこらに転がっている瞑想、座禅、ヨガ、マインドフルネスの手法には限界があります

それも浅い次元で終わる限界です


脳が覚醒していく突き抜けた体感をしない人は不幸です

とんでもない損をしていることにも気づくでしょう

瞑想にも脳にも実はとんでもないものが眠っているのです

トランスと瞑想と無意識の話 脳覚醒プログラム(覚醒瞑想)実録

attend-1786091_960_720

瞑想やマインドフルネスをやる意味がない状態

瞑想の目的は深いトランス状態、変性意識状態に入り、人間の心を支配している無意識(我々の日常意識ではコントロール不可)を大きくいい方向に変えていくものです

だからただ瞑想や座禅やマインドフルネスをやればいいわけではなく、必ずトランス状態、変性意識状態に入らなければやる意味がない!!

そこまで言い切ってしまうのは、やっぱり瞑想はただの手段にすぎないため、瞑想をやることを目的にしてはいけないと思っているから

瞑想やマインドフルネスはうつ病に効果的だとかストレス軽減になるとか能力開発の面でいいと言われていますが、ただやれば願望が実現されるとは思わないで下さい

願望実現がなるかどうかは、まず深いトランス、あるいは変性意識状態に入らなければ全く効果が現れないと思っていい!

瞑想、マインドフルネスは無意識、潜在意識が制御できるトランス状態が鍵


なぜトランス状態に入らなければならないかというと、無意識が浮上してこないから

普段から無意識は表層意識の奥の奥の奥にある

そしてその領域は皆さんがご存知のように9割以上あると言われてます

無意識で起こるすべてのことは意識の力では御しきれません

しかし、無意識を攻略しなければ、よりよく生きられない(なんせ意識の領域の狭さと可能性はあまりに小さいのだから)

だから、その困難なミッションに立ち向かうために古来から受け継がれてきたのが瞑想そのもの

座禅やアメリカで開発されたマインドフルネスも同じ

瞑想は感覚の世界に身をおくことが使命です

瞑想を理屈で捉えてもなんにも意味がなくて、自分自身の体感を通して得られた感覚が唯一の答えになります

無意識はとらえどころがないですが、感覚的にはつかめます

その最たるものが悟りだ

悟った人間は(どんな悟りでもいいですが)揺るがない自信と信念を得られる

人間はそれ一つで大きなことを成し遂げられる!

脳も勝手に進化してくれて、能力開発なんて簡単にできていきます

無意識から心が落ち着くから、ストレス軽減なんてお手の物

うつ病だって無意識の原因が突き止められるから治っていくわけで、勝手に脳機能も回復していきます

瞑想を目的にしてはいけない。あくまで手段で使いこなすことが大事


結局、瞑想やマインドフルネスをやるってことは、深いトランスを味わい無意識の世界に深く深く入り込まないといけないってことで、それがない瞑想には意味は殆ど無いともっていいと思います

私も瞑想をやっても少ししか変性意識を味わえずに苦労してきたから、ずいぶん無駄なことをしてきたなと思う

岩波先生の覚醒瞑想誘導技術を受けるまで、本当の瞑想状態がどれほどの可能性にあふれているか感覚としてわからなかった

ただ瞑想状態に入ったらいいことが起きると思っていただけだった

潜在意識とか無意識が開発されたり癒やされたら、大きな効果が望めると思っていた

しかし、現実は甘くない!

瞑想をやるからには、やったからには、何が何でも深いトランス状態を味合わなければ意味がない!

はっきりいって、私の岩波先生に出会うまでの瞑想の歴史は無駄だった

瞑想をやってトランスに入れない人は、まだ温泉に入ってのんびりしていたほうがどれだけストレスが軽減されるかわからない

猫や犬で癒やされていたほうがマシだ
最新記事
  • ライブドアブログ