マインドフルネスと脳覚醒 岩波英知覚醒瞑想体験記ブログ

マインドフルネス瞑想経験者のブログ管理人が経験した岩波英知先生の脳覚醒プログラム(覚醒瞑想・脳覚醒トランス状態)の体験談です。世界広しといえども、こんなやばいやり方はないでしょう(褒めてます!) 恍惚感と至福感と感動と悟り的気づきと楽しさ! 受けたらそれまでのマインドフルネス瞑想の固定観念と価値観が一変・崩壊します。今も進化し続けている脳覚醒技術の体験記を書いているブログです

脳覚醒プログラム/覚醒瞑想の体験記。驚愕の岩波先生の誘導技術はあなたの瞑想ライフ、マインドフルネスライフ、スピリチュアリティ追求ライフを一変させます。
こう言っては何ですがお金さえ払えば(受ければ)一生到達できない覚醒世界に入れるのは簡単だし、時間をお金で買うことを考えたら安いもんです。 
瞑想やマインドフルネス、そして精神世界を追求してきた人は必ず受けるべきだと思います。きっと後悔しますよ。

岩波先生誘導の覚醒瞑想を味わって

トランスと瞑想と無意識の話 脳覚醒プログラム(覚醒瞑想)実録

attend-1786091_960_720

瞑想やマインドフルネスをやる意味がない状態

瞑想の目的は深いトランス状態、変性意識状態に入り、人間の心を支配している無意識(我々の日常意識ではコントロール不可)を大きくいい方向に変えていくものです

だからただ瞑想や座禅やマインドフルネスをやればいいわけではなく、必ずトランス状態、変性意識状態に入らなければやる意味がない!!

そこまで言い切ってしまうのは、やっぱり瞑想はただの手段にすぎないため、瞑想をやることを目的にしてはいけないと思っているから

瞑想やマインドフルネスはうつ病に効果的だとかストレス軽減になるとか能力開発の面でいいと言われていますが、ただやれば願望が実現されるとは思わないで下さい

願望実現がなるかどうかは、まず深いトランス、あるいは変性意識状態に入らなければ全く効果が現れないと思っていい!

瞑想、マインドフルネスは無意識、潜在意識が制御できるトランス状態が鍵


なぜトランス状態に入らなければならないかというと、無意識が浮上してこないから

普段から無意識は表層意識の奥の奥の奥にある

そしてその領域は皆さんがご存知のように9割以上あると言われてます

無意識で起こるすべてのことは意識の力では御しきれません

しかし、無意識を攻略しなければ、よりよく生きられない(なんせ意識の領域の狭さと可能性はあまりに小さいのだから)

だから、その困難なミッションに立ち向かうために古来から受け継がれてきたのが瞑想そのもの

座禅やアメリカで開発されたマインドフルネスも同じ

瞑想は感覚の世界に身をおくことが使命です

瞑想を理屈で捉えてもなんにも意味がなくて、自分自身の体感を通して得られた感覚が唯一の答えになります

無意識はとらえどころがないですが、感覚的にはつかめます

その最たるものが悟りだ

悟った人間は(どんな悟りでもいいですが)揺るがない自信と信念を得られる

人間はそれ一つで大きなことを成し遂げられる!

脳も勝手に進化してくれて、能力開発なんて簡単にできていきます

無意識から心が落ち着くから、ストレス軽減なんてお手の物

うつ病だって無意識の原因が突き止められるから治っていくわけで、勝手に脳機能も回復していきます

瞑想を目的にしてはいけない。あくまで手段で使いこなすことが大事


結局、瞑想やマインドフルネスをやるってことは、深いトランスを味わい無意識の世界に深く深く入り込まないといけないってことで、それがない瞑想には意味は殆ど無いともっていいと思います

私も瞑想をやっても少ししか変性意識を味わえずに苦労してきたから、ずいぶん無駄なことをしてきたなと思う

岩波先生の覚醒瞑想誘導技術を受けるまで、本当の瞑想状態がどれほどの可能性にあふれているか感覚としてわからなかった

ただ瞑想状態に入ったらいいことが起きると思っていただけだった

潜在意識とか無意識が開発されたり癒やされたら、大きな効果が望めると思っていた

しかし、現実は甘くない!

瞑想をやるからには、やったからには、何が何でも深いトランス状態を味合わなければ意味がない!

はっきりいって、私の岩波先生に出会うまでの瞑想の歴史は無駄だった

瞑想をやってトランスに入れない人は、まだ温泉に入ってのんびりしていたほうがどれだけストレスが軽減されるかわからない

猫や犬で癒やされていたほうがマシだ

瞑想の魔境に突入した人、瞑想難民は覚醒瞑想に最後の望みをかけよう

瞑想の魔境と瞑想難民と岩波英知先生の覚醒瞑想のこと

瞑想の魔境と瞑想難民と瞑想の現実

瞑想の魔境と言われる状態に入ってしまったり、瞑想難民となる人が多いように、瞑想やマインドフルネスは必ずしも理想的なものではないと言われてます

理想的に言ってもあまり大したことができないのだけど、巷では盛んに瞑想やマインドフルネスのすごい効果を絶賛していますね

ストレス軽減、自律神経の回復、集中力アップなどができると言われてます

たしかに気持ちが落ち着いて、心が整えられるのは事実ですが、それ以上でもそれ以下でもありません

瞑想の魔境、瞑想難民とは?

それは瞑想の魔境と言われる状態に入ってしまうことです。

抑うつ状態を解消させようと瞑想やマインドフルネスを始めたのに、瞑想の魔境に入り、きつい精神状態にもっと陥ってしまうこと

そもそも瞑想やマインドフルネスは指導者から「何も考えてはいけない」「自分をしっかり観察しなさい」と教わっても、どうしていいかわからず混乱してしまって、瞑想で言われている効果を得られず、自信を失う例も多いようです

瞑想の理想には殆どの人が到達できないわけだけど、一人でやるものだから魔境に入ったり、うまくいかずにイライラしたりと悪影響が出てしまいます

マインドフルネス、瞑想で逆にモチベーションが下がる?

もう一つの瞑想、マインドフルネスの弊害が、意欲低下の問題です

世界的大企業がマインドフルネスを取り入れてますが、モチベーションをアップさせるつもりが、意欲減退を導いてしまったケースも結構あるようですね

そうなるとせっかくやる気を上げるためにやったのに、逆に下がっている自分に迷いが生じて焦ってしまいます

心身の健康をもたらす効果があることは確かですが、モチベーションが上がったときって、心身の健康を度外視したやる気に満ちたときとも言えるので、瞑想でモチベーションが上がらなくなるのもよくわかる気がする

なので、瞑想や座禅やマインドフルネスに興味を持っている人は、必ずしもすべてが理想通りにいかないことをしっかり頭に入れた上で、励むといいと思います

瞑想は一人では道に迷いやすい、混乱しやすい、魔境に入りやすい

私の考えですが、瞑想は絶対に一人で黙々とやり続けてはいけないと思います

迷うからですし、瞑想の魔境に入ったら目も当てられません

かといって、いい指導者を探し求めて瞑想難民になるのももったいないことです

だから、しっかりした指導者、能力の高い瞑想誘導の指導者の元で、瞑想を頑張ったほうがいいと思います

岩波英知先生の覚醒瞑想のすごすぎる効果

私が岩波英知先生を絶賛するのもそういう理由です

まず誘導技術がすさまじい効果をもたらすため、一瞬で瞑想指導者の体感をはるかに超越した瞑想状態に入れます

次に瞑想の魔境に入るどころか、心の抑うつ状態の原因そのものを解消させてしまうため、中途半端な結果に終わらず、心が根こそぎ浄化されます

岩波英知先生ほど人を深い瞑想状態に導ける技術を持っている人はいないため、瞑想難民になりようがない

誘導された脳覚醒状態がまさに脳がスパークした状態になり、最強のモチベーションが手に入れられます

なんでも出来る絶対的感覚にまでエネルギーが爆発します

時間が経てば、驚異的なモチベーション向上はおさまってきますが、自分の中にこんなに眠れるエネルギーがあったことに感動します

自律神経の働きが正常に戻るのは当然で、ストレスなんて完全に木っ端微塵に吹っ飛んでます

マインドフルネスや瞑想でやれることは実は狭い

覚醒瞑想(脳覚醒プログラム)を受けていると、大企業がさかんにやろうとしているマインドフルネスの試みが笑止千万に思えてならない

嘘だと思うなら、受けてみたら一発で把握できます

もし瞑想指導者の人がこのブログを見ていたら、怒らないでください

瞑想の効果は本物です

しかし、効果のレベルが違いすぎるんです

瞑想状態といっても、プールサイドで水遊びをしている状態とマリアナ海溝の一番深い底に到達するぐらいの差がありますから

それはご自身で、みなさんの体感で把握してみて下さい
恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に是非岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

マインドフルネスや瞑想をやってきた人に岩波英知先生の技術を受けてもらいたい理由

ドリームアートラボラトリー岩波英知によるマインドフルネス瞑想を超えた脳覚醒

マインドフルネス、瞑想、ヨガなどやってきた人ほど岩波先生の凄さがわかります


様々な目的の人がドリームアートラボラトリーの岩波英知先生のプログラム、セミナーに参加していました

中には瞑想やマインドフルネスをやってきた人も多くいて、自律訓練法や催眠を含めると
もっと多いいると思います

岩波
英知先生もいきなり自分のプログラムに参加するよりは瞑想やマインドフルネスやヨガなど他の方法を
経てきた人を歓迎しているようなところはありました

岩波先生のレベルの高さ、それ以外のレベルの低さがよくわかります


私も最初から岩波先生の脳覚醒誘導の技術を受けてしまうと
どれだけ先生が偉人なのか測りかねると思います

もちろんすごい人だとはわかるでしょうがどれだけすごいか比較対象がないのが
もったいない(幸せなことだけど)

それともこういうことをやっているところは皆
こんな体験ができるのかと思ってしまうのもちょっと残念

瞑想、マインドフルネスをやり苦労してきた人ほど受けるべきです


そういう観点からすると瞑想、マインドフルネスを頑張ってきた人に絶対に受けてほしいと思う

そういう人はどれだけ変性意識の入り口に立ち入ることが難しいがわかっているから

自分の理性と防衛本能の壁がいかに高いかわかっているから

すごく、それもやばいくらいにショックを受けますし感動します!

やばすぎるぐらいやばい感覚の体験ができます

これは岩波英知先生しかなし得ないことを考えると初っ端から受けられた人は幸運です

マインドフルネスや瞑想をやってきた人も本物に出会えたのだから幸せです

深まっていくしかない脳覚醒状態!


トランス呼吸法のコツ(見返りを求めず期待をせず淡々とこなす)をつかめば
自分でもやばい変性意識体験ができます

かつて瞑想法やマインドフルネスをやって実感に乏しかった人も必ずそうなれます

一度脳が覚えた感覚は消え失せない

だから積み重ねていけるだけ


もしそれがなければ実感も得られず実感を求めてもっと遠のいていく最悪な結果になる

だからこのことが瞑想に長い間エネルギーを注入してきた人は絶対に受けるべきだと
私が強く思う理由です



恍惚と至福 全ページ紹介
マインドフルネスや瞑想をやってきた人に岩波先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


マインドフルネス瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想、マインドフルネスを超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

人生が憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服

心の空白を埋めるために瞑想、マインドフルネス漬けの日々

岩波英知先生の脳が覚醒する技術の体験と感想と評判以上のすごさ

私は心の憂鬱とぽっかり浮いた空白を埋めるために瞑想に興味を持った

超越瞑想、ヴィパッサナー瞑想、マインドフルネス、内観療法、自己催眠法、催眠療法、いろいろな瞑想法を試してきた

どれも最初はいい感じがするもののなかなか突き抜けた感じにはならずにもどかしかった

気づくことなんてできなかったし、気づきが向こうからやってくる精神状態にもなれなかった

なぜこうまで生きることに虚しさを感じてしまうだろう


なぜか生きるのが苦しいのは変わらなかった

何がというわけでもないのに不安感を常に感じている

はじけたものがほしい、生きている実感を得たい

感動とは何か? それも遠のいていく私の人生に危機感をもっていた

瞑想、マインドフルネスをやるともっと心の空白を意識するようになる


瞑想やマインドフルネスをやり続けている間も私は常に迷っていた

やればやるほど私の心がどこに行ってしまったのか、虚しい自分を再確認するだけになった

瞑想、マインドフルネスやヨガもそうだと思うが、自分の心を見つめるということはそれだけリスクがある

だから、孤独感とか憂うつ感は一層強まった

私は何のために生きているのか?

かわいい妻ももらい、幸い子供も授かった

その責任感もあったが、どうも生命的なエネルギーが出てこない

頑張らなくちゃいけないのに頑張れないこのもどかしさ

瞑想やマインドフルネスで効果がでないことに焦る


それでも答えは瞑想やマインドフルネスをやった先にあると思っていた

だけど答えは見えなかった、どんなにやっても…

私のやり方が悪いのか、瞑想、マインドフルネスという手段が悪いのか

それともどの瞑想法も私に合っていないのか、他の方法はないものか

実際に診断されたわけではないが、私はこの時軽いうつ病にかかっていただろう

幸い薬をのむこともなく過ごせていたから、瞑想をやっていた効果は少しは出ていたのかもしれない

だが、もっと強い実感を得たかった、生命的なエネルギーを感じたかった

一瞬、簡単、深い、すごい、ありえない瞑想法


そこでやっと見つけたのがDream Art Laboratoryの岩波英知先生が行っている脳覚醒プログラム

そこの特徴は何と言っても、とにかく凄いと誰もが表現する脳覚醒状態(覚醒瞑想状態)を一瞬で簡単に味あわせてくれるという誘導瞑想技術だ

その深い感覚といったら言葉に表現できない

瞑想状態や催眠状態のはるかに強い凄い感覚の状態で、意識が異常に変容している感覚のことだ

私がやってきた瞑想、マインドフルネスは実は瞑想の入り口に過ぎず、海で言えば波打ち際で遊んでいるぐらいの深さらしい

受けた瞬間にこれまでの瞑想、マインドフルネスが馬鹿らしくなって笑ってしまう


しかし脳覚醒プログラムで誘導される覚醒瞑想状態は、深海に相当するらしい

「らしい」ではなく、実際に体験した人皆が言うが、まさに深くすごい感覚でやばいという感想もあった

やばすぎて感動するという表現だった

これまでの瞑想、座禅、気功、ヨガ、マインドフルネス…すべてが子供だましのように思えてならなくなるらしい

実際に私も覚醒瞑想を受けてみた


そして実際に脳覚醒プログラム(覚醒瞑想)を受けてみた

その感想を端的に言いたい

私がやってきた瞑想とは瞑想ではなかった(これは私自身の能力不足もあることも言っておきたい)

衝撃だし、最初何が起きたかわからなかった

どこにいたのかも何をしていたのかもわからない、しかしすごさだけは全身で体感している

ただただ不思議だった

だが圧倒的に違うことだけはわかった

別次元の体験だったし想像していたレベルではなかった

なんというかやっぱりやばいすごさだった

最初のやばいほどの深さがじつは浅かったと気づくことの繰り返し


怖いぐらいの衝撃と感動が入り混じった今まで味わったことがない意識の変容状態

その日のうちに数回、覚醒瞑想状態に誘導してもらったが、最初と二回目、三回目と感覚が違っていた

二回目も三回目も不思議でたまらなかった

しかし本物だということだけははっきりわかった

三回目ともなると、私の抱えていた憂鬱な感情がどこかに霧散していたのを感じた

楽、楽、ひたすら楽だった

すごく気持ち良い満ち足りた感覚だった

一緒に受けた方々もみな喜びの声をあげていた

中には抑圧が出てきて慟哭していた人もいた

その顔はすっかり憑依していたものが落ちたようなスッキリした顔だった

どんな人でも誘導されて、脳が覚醒していた

自分でコントロールできなかった不安や孤独が元から解消していきました


あんまり深くトランスに入りすぎると、体がついていけず気持ち悪くなるらしいが、私は幸いその日は大丈夫だった

瞑想をやってきたかいがあったと岩波先生から言われたから、やっておいてよかったと思う

意識の向け方がうまく想像力がいいと褒められた

その後ここの脳覚醒プログラム(覚醒瞑想)で、心の抑圧処理をしていくに連れて、言い知れぬ不安感や憂鬱感はどんどん減っていった。

たしかに頭の処理は深い瞑想状態に入れば可能になる

問題はいかに深い状態になるかだ

波打ち際では処理できない

瞑想に執心してやり続けた甲斐がやっとこの時花開いてくれた

一生忘れられない初体験だった

こんなに効果があるのに安く設定してくれて感謝


1コース料金は40万円(10回)

これを高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれだが
瞑想、マインドフルネス、座禅、ヨガなどを追求してきた人は100%安いと言うだろう

20年の行の成果すら数回の誘導覚醒瞑想状態で超越してしまうのだから

時間と実感を40万円で買うとなればこんな安いものはない

費用対効果も抜群だ

覚醒瞑想状態について体験者のブログが何個もあります

参考にしてください。

私一人の力では覚醒瞑想状態の凄さを伝えきれません




恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に岩波英知先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想への道


マインドフルネス、瞑想にはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波英知先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


偉才!異能!岩波英知先生の別格ぶり


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 

瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件 防衛本能と理性の排除

瞑想やマインドフルネスの深さのレベル

瞑想とマインドフルネスが深まる障害となる防衛本能と理性
瞑想やマインドフルネスと言っても、その深さは人それぞれ

瞑想レベル1で喜んでいる人もいれば

瞑想レベル10でも満足しない人もいる

レベル5で深い瞑想状態に入ったと思う人もいれば

レベル15でもまだまだ先があると思う人もいる

防衛本能が理性を強め瞑想、マインドフルネスの邪魔をしてきます


ただしレベル10で止まってしまう人とレベル50行く人の差がある

それは防衛本能を解き放てるかどうかなのだ

防衛本能は厄介だ

防衛してくれるのはかまわない

しかし感じる心(情動、感性、感情)を制限してまで
ガッチガチにムキムキマッチョに身動きできないほど
鎧を着こませてしまうのはどう考えても不必要だ

死ぬことはそれでないし、危険もある程度避けられるが
生きる上で一番大切な心まで鉄仮面をつけさせてしまう

防衛本能、それを解放させてものが瞑想でも頂点に立つ

防衛本能と理性がありすぎると生きていてつまらなくなる



瞑想やマインドフルネスだけじゃない

仕事でも人間関係でも家族・親子関係でもすべてだ

防衛本能が柔らかい人は結局自分の身を守れる!

しかし防衛本能が強すぎると逆にストレスにもろくなる

ストレスに感じない受け流せることでも大きなストレス源に
してしまう

これじゃ長生きもできない

まず先に心が死んでゆく! 感動がなくなる 生きていて虚しい

そんな人間が瞑想をやっても難しい、感動できないし虚しさがもっと募る

簡単に防衛本能と理性を遥か上を行く誘導瞑想法


防衛本能がどれほどなのか知るために自分の心に正直に向きあおう


防衛本能が強い人間は防衛する割に自分を守れない

防衛本能をなくすことは自力では難しいかもしれない

だから防衛本能を一瞬にして飛び越える岩波先生の誘導瞑想技術が必要だと思う

防衛本能も理性もすべてを超越した精神の世界に入れたときの感動は
瞑想をやってきた人ならきっとわかるだろう 



恍惚と至福 全ページ紹介
瞑想をやってきた人に岩波英知先生の技術を受けてもらいたい理由


覚醒瞑想プログラム、高僧向け覚醒瞑想プログラム


憂鬱、憂鬱、ひたすら憂鬱な日々を覚醒瞑想で克服


一流大学、一流の仕事、それでも心にぽっかり穴はあく 瞑想、マインドフルネスへの道


瞑想やマインドフルネスにはまった理由 割り切れぬ人生への思い


覚醒瞑想/脳覚醒プログラムの岩波先生について


瞑想を超えた瞑想状態に入るための条件


脳覚醒の奇跡を信じて


やばい!偉才!異能!岩波英知先生の別格ぶり! 


覚醒トランス状態の奇跡体験の話とごあいさつ




 
 
  • ライブドアブログ